優れた充電機能で1日稼働してくれる配膳ロボット

Bot

レストラン、カフェ、病院、ホテルなどに導入されている多くのサービングロボットがあります。彼らは疲れる事無く、的確に動き働いてくれるというメリットがあります。ロボットの導入を検討する際に気になるのは充電についてではないでしょうか?配膳ロボットの充電についてお話します。

意外に営業中に充電している場合もあります

飲食店で配膳ロボットが活躍していると聞くと、一度行ってみたくなりますよね。ロボットがどのように仕事をこなしているのか、そして自分のところにどのようにオーダーした料理を運んでくれるのか興味津々。いざ、お店に行ってみると「只今充電中です」という状況で、ロボットの働きを見る事が出来ない場合もあるかもしれません。配膳ロボットは現在、色々な種類が活躍していますが、中には充電が切れるまでの時間が短いものもあります。

営業時間中にしっかり仕事をこなしてくれるLuckiBot ロボット

配膳ロボットの導入を検討する時に確認しておきたいのが充電時間やどのくらい稼働してくれるのか?という部分です。出来れば営業時間以外で充電出来て働いてくれるばいいなと考えるオーナー様も多くいます。「LuckiBot」は、長いバッテリー寿命と正確なガイドを備えた、あなたが望むAIケータリングロボットです。

配膳ロボットの一例:LuckiBot の場合

一例としておすすめしたいのがORIONSTARの配膳ロボットです。連続使用時間は10〜12時間程度となるので、夜間や営業前に充電が完了していれば、営業時間中は途中で充電をする必要がありません。仮に24時間営業の場合は、途中で充電をする事になりますが、LuckiBot ロボットはフル充電までにかかる時間は約3.5時間なので、急な充電が必要になった時でも便利です。

複数台導入して充電のタイミングをずらして使う

Bot

飲食店では複数台導入する例も多いので、充電中に他のロボットが業務をカバーしてくれるでしょう。また、複数台で稼働した場合も、レザー&SLAMダブルナビシステムを搭載しているので、お互いがぶつかる心配もありませんし、通過する優先順位を計算した上で稼働してくれます。横幅が52.6cm、通貨幅も55㎝程度なので、移動も含め、場所をあまりとらないデザインになっています。

結論

配膳 ロボットに関する詳細はORIONSTARのサイトから。充電機能だけでなく、LuckiBot ロボットへの新たな可能性を発見できるかもしれません。操作自体も簡単なので、ほぼワンタッチで作業を始められる点も便利です。まずはチェックしてみてください。

See also  ロボットがレストラン業界を変える
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: