現代のトレーダーにおすすめ!トレード戦略トップ5

fx ボラティリティ

近年、じわじわと盛り上がってきている『投資』。かつては限られた一部の人々の間で行われている印象もあった投資ですが、2024年には新NISA(少額投資非課税制度)がはじまるなど、一般の人々の間でも資産形成熱が高まっているとも言われています。また、「積み立て投資」自体も若い人を中心に普及が進み、iDeCo(個人型確定拠出年金)などにも関心が高まっています。副業のひとつとしても話題になってきていますが、反対に、fx ボラティリティなどの専門用語も多く、「投資に興味はあるけれど、難しそうでなかなかはじめられない…」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。FX、CDFなど、取引形態も様々ありますが、こうした取引にはいくつかの定められた戦略があるのをご存知でしょうか。ここでは、現代のトレーダーたちにおすすめのトレード戦略をご紹介していきます。

自分に合った戦略を選択する

古今東西、多くの優れたトレーダーたちによって考え出されてきたトレード戦略。その種類は実に様々ですが、具体的なトレード戦略をご紹介する前に、まずはどういった方法でトレード戦略を選択するべきなのかについて説明していきたいと思います。なぜなら自分に合ったトレード戦略を見つけることが、成功へのカギを握る重要な要素となるからです。市場や自身の取引スタイルに合わせた選択肢を知り、経験と試行錯誤を通じて最適な戦略を見つけ出すことが必要です。では、自分自身の強みや目標に合ったトレード戦略は何を基準に選択すればいいのでしょうか。

投資の時間軸

まずは、自分のトレードスタイルに合った投資の時間軸を選びましょう。投資の時間軸とは、資金を投資に回すにあたってどのくらいの期間投資し続けるつもりなのか、を表すものです。投資ホライズン(Investment Horizon)と言われることもあります。どんな投資でも時間軸が必要であり、その時間軸に合わせて取り組むべき投資方法・戦略が変わってきます。

時間軸というと、短期、中期、長期のような話で説明されることがほとんどですが、そもそも短期とは1日なのか、半年なのかは人によって定義が異なります。また、長期は10年くらいだと言っておきながら、実際には1年でも十分長いと感じることだってありますよね。日々の値動きを狙うデイトレーダーなのか、コツコツと積立投資を行うのか、あるいは分散投資なのか集中投資なのか、という観点によっても違ってきます。取引戦略を決めるにあたって、個人の性格だったり知識だったり、あるいは好みで選ぼうとする方は多いかもしれませんが、実は、最も重要な要素は、投資の時間軸だったりします。どれぐらいの時間を投資活動に使えるのか、どれぐらいの期間で収益を期待したいのかを明確に定めることで、自分に合ったトレード戦略を選びやすくなります。

明確な目的

これは時間軸の選択にも言えることかもしれませんが、どうして投資活動を行いたいのかを明確にしておくことも大切です。副業としてなのか、それとも老後の資金を蓄えるためなのか、マイホーム購入のためなのか、夏休みにちょっと贅沢な旅行を楽しみたいからなのか、あるいは単に運試し的に挑戦してみたいだけなのか。理由が何にせよ、明確な目標を設定することで、自然と『いつまでに』、『どれぐらい』ということもハッキリしてきます。これは投資の時間軸にもつながっており、投資にどれぐらい時間をかけられるのかも具体的に見えてくるはずです。

トレード戦略の選択は、個々のトレーダーにとって非常に重要です。なぜなら、市場やトレードスタイルによって異なる戦略が効果的であり、利益を最大化するためには自分に合った方法を見つける必要があるからです。自分に合ったトレード戦略を選ぶことで、取引の精度や自信が向上し、持続的な成果を上げることができます。

トレード戦略トップ5

トレード戦略は基本的にトレードを行う時間軸、つまりエントリーからクローズ(決済)までの時間でトレード戦略を分類することができます。ここではその中でも良く知られているトレード戦略トップ5をご紹介していきます。それでは見ていきましょう。

スキャルピング

スキャルピングは短時間に何度も売買を繰り返す手法です。数秒から数分の短時間で小さい利益を積み重ねることで最終的に大きな利益を獲得することが狙いです。1度のトレードでは数pipsから数十pips程度の利益、もしくは損失ですが、勝率を高めることができれば短時間のトータルで大きく勝ち越すことができます。一方で、常に相場を見ている必要があり、初心者にとってはトレードのタイミングの見極めが非常に難しいと言えます。

デイトレード

デイトレードは数十分~1日の間で売買を行う手法です。スキャルピングよりもう少し長い期間ポジションを保有し続けることになります。ポジションの日またぎはしませんが、1回のトレードの利益は比較的大きく、日またぎリスクも排除し、比較的安心してトレードを行うことができます。株式などでは別名「日計り取引」などとも言われます。ただし、デイトレードはアマチュア投資家向きの戦略ではないともよく言われています。デイトレードで成功するには、洗練された戦略を実践する規律は言うまでもなく、知識、経験、資本がほどよく必要となってくるからです。

スイングトレード

スイングトレードは2日~5日の間で売買を行う手法です。期間はデイトレードよりやや長い期間で、一度に狙える値幅や利益も大きくなります。また、スキャルピングやデイトレードに比べて相場を常に確認しておく必要もないため、他の仕事(フルタイムの仕事など)があり、余暇を利用して取引したい、副業として取引がしたいという人にとっては人気の取引スタイルとなっています。ただし、それでも市場の分析に 1 日か数時間を費やす必要があります。一方で、1度に狙える利益が大きくなる半面、損失が発生する場合も大きな損失になり、トレードに対してストレスを感じやすい点に注意が必要です。

ポジショントレード

ポジショントレードは1週間以上の間で売買を行う手法です。期間は分類できるトレード手法の中で最も長く、つまり、先述したデイトレードのように短期的な値動きを追うのではなく、数週間、数か月または数年単位の期間でポジションを保有するというのが大きな特徴としてあります。当然、取引機会は少なくなるものの、1度に狙える利益はとても大きいものになります。エントリー前に相応の分析が必要になるため初心者には些かハードルは高くなるものの、長期的な視線で戦略を立てることができるため短期の動きにストレスを感じなくてすむメリットもあります。また、ポジショントレードを成功させるには、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を行い、相場のトレンドとリスク要因を分析することが重要です。

イベントドリブントレード

イベントドリブントレードは、テクニカルチャートよりもファンダメンタルズ分析を判断材料として重視します。雇用統計、GDP、選挙などの政治的・経済的イベントによる暴騰や暴落から利益を得ようとします。このタイプのトレードは、世界のニュースに関心があり、イベントがマーケットにどのような影響を与えるかを理解している人に向いています。知りたがりで好奇心旺盛、先見の明があり、新しい情報を処理し、世界や地域の出来事がどのように展開するかを予想する能力に長けている、そんな人にはもってこいの戦略となっています。

See also  ZenAffiliate経由で登録したプレイヤーがConquestadorカジノからの5つのメリット
Like this post? Please share to your friends:
terracehouse-fun.net
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: