新テラスハウス23話のネタバレと感想!「達也の張りつめていた糸がプツンと・・・」

新テラスハウス23話のネタバレと感想!「達也の張りつめていた糸がプツンと・・・」

こんばんは。
今回は、新テラスハウスの第23話目を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

今週はまたまたみのりのお姉さん(クルミさん)が登場します。いつもカッコイイお姉さんですが、今週はあの達也のお肉事件の解決に一肌脱いでくれました。お姉さんがしっかりし過ぎると下の子はのんびりしてるって言いますから、みのりの姉妹はまさにその典型だなぁと主婦目線で思ってしまいました。
でも、達也は達也でただお肉を食べられたらか怒っていたわけではなく、その裏にはいろんな感情があったのです。今週はその辺の達也の気持ちを汲みとってあげて欲しいと思います。

ではさっそく、新テラスハウス第23話の感想(ネタバレあり)行ってみましょう♪

新テラスハウス第23話の感想(ネタバレ注意!)

※ここからは、『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』の「シーズン1:Part2:エピソード23」のネタバレを含みます。ご注意下さい。

リビングの床でジャケットを着たまま寝ているアーマンを、光るがクッションを叩きつけて起こすシーンから。実は昨日の夜、光る達が達也に叱られていた最中、アーマンはクラブに行って騒いでいたらしいです。光るが達也にマジギレされたとアーマンに言うとアーマンはケラケラ笑って「マジウケる(笑)」と。光るが「いやマジでブチギレだよ」と言っても全然信じない様子でした(笑)。

その日の晩、みのりの姉が登場します。おそらく四回目です(笑)。このお姉ちゃんホントよく登場するのですがこれも台本じゃないんですよね?ってことはお姉ちゃん意外と出たがりなのかもしれませんね(笑)。でもガンガン言うところが好きなので、みのりが出て行ったら新メンバーとして参加すればいいのにって思います。

さて、お姉さんが登場したというのに、達也が部屋から出てきません。おそらくまだ”お肉”の事で塞ぎ込んでいるんじゃないかと皆がみのりのお姉さんに”あの事件”を説明します。お姉さんも「ちっちゃいね(笑)。みのりが後ろから抱きしめて『ごめんね』って言えば済むことじゃないの?」と言いますが、みのりはそんなことでは済まされないほど怒っていると言います。
とりあえず、達也をリビングに呼び出そうとみのりが男子部屋で寝ている達也を起こしに行くのですが、「今日はいいや」の一点張りで出てきません。

続いて、夏美が話をしに行きます。夏美はお肉を食べていないので第三者として話が聞けるのではないかということで。そこで達也は今の気持ちを吐露します。

「今まで張っていた糸がプツンと切れてしまった・・・。ここでの共同生活がもう面倒くさくなってしまった。みのりに対しても、友達として一緒にいる分には楽でよかったんだけど、パートナーとしてってなった時に、俺としては一緒の方向を向いて、隣で頑張ってて欲しいんだけど・・・」

そこで、夏美が3つ条件を出します。その3つから選んで欲しいと。
1.ここにクルミさん(みのりの姉)が来る
2.達也が上に行く
3・このままここで寝る
達也は、1を選択します。皆と一緒にしゃべるのは嫌だけど、1対1ならということで。

そして、みのりのお姉さんが男子部屋に行きます。達也としては、先週も言ってましたが、イライラし過ぎて冷静になれていないようです。みのりの謝る姿勢とかもなってないし、正直あきれた、言うのもめんどくさいと。でもお姉さんが言うには、そこでお互いがぶつかり合うのをやめたら、それこそ達也の言う「お互いが高め合う仲」にならないんじゃないかと。今ならみのりも今まで溜めていたことを言えると思うから、もう一度みのりと話してみたら?という会話がなされました。達也も夏美やみのりのお姉さんに話したことで少し落ち着いたようで、みのりと話し合うことに。

そして、みのりが男子部屋に行くと、達也が号泣します。布団に顔を埋めて。これを見て私は達也がすごく傷ついていたことを知りました。泣き止んだ達也とみのりは、静かに自分たちが思っていたことを一つ一つ言い合います。そして結局、達也とみのりはお互い謝って仲直りの握手をして一件落着となりました。よかったよかった。

新たな恋の予感

ある日、リビングで光ると夏美が二人っきりに。お互い今まで異性としてあまり意識していなかったらしく、今度ご飯でも行こうということに。いよいよこの二人が動きだすのかもしれませんね!

別の日、プレイルームでアーマンがありさに告白した回の放送をみんなで鑑賞します(達也、ありさ以外で)。一旦保留にされたありさからの返事がないことに対して、「それでいいの?」と光るがアーマンに言います。そして、みのりはみのりで女子部屋にすぐ戻り、寝ていたありさを起こして、その件について話をします。と、その時、アーマンも女子部屋に来てありさと二人で話をします。
アーマンは、「ありさがもしオレの事を気にかけてくれているなら、忙しくても一日10分でもいいから話をする時間を作ってくれてもいいんじゃないか」と思ってた事を打ち明けます。それに対して、ありさは「正直、アーマンのことを考える余裕がない。他のことで精一杯で恋愛する余裕がない。」と答えます。結局二人は、ハウスメイトとしていい関係でいようということになり、アーマンの恋が終わりを告げました・・・。

新テラスハウス第23話を見終わっての感想

今週はなんといっても達也の号泣シーンが忘れられません。思わずもらい泣きをしてしまいました(泣)。
振り返りますが、あのお肉は達也の仕事に対するプライドだったんだと思います。そして、みのりにもそういうものを見つけて努力して欲しいと思っていたのに、そういう姿は見せないのに、達也のプライドであるお肉を断りもせず食べてしまい、食べたことも言わず。それによって自分の好きな子であるみのりに自分のプライドがズタズタにされたと思ったんだと思いました。もちろんみのりはそんなつもりないんだけど、そもそも達也のそういうプライドに気付いてくれなかったことに対しても幻滅したんだと思います。
ただ、女性の目線から言わせて頂くと、仕事に対する意気込みってやっぱり女性と男性は違うし、もちろん人によっても違うし。達也は今回の件でまた一つ女性を知ることが出来て、大人になったと思います。今後結婚すると今度は子供ができて、パートナーから「母」に変わりますから。同じ方向を向くパートナーも大切だけど、自分や家庭を支えてくれるパートナーも大切という視点も持てるといいですね。

以上で、新テラスハウスの第23話目の感想(ネタバレあり)を終わります。

あいのりネタバレブログやってま〜す♪
→【あいのりネタバレブログ】←

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】
スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)