蓄電池の価格はいくら?固定式蓄電池とポータブル式蓄電池を比較
近年の電気料金の高騰や、災害対策などの理由により、蓄電池を導入する家庭が増えていますが、価格が気になる方は多いのではないでしょうか。 この記事では、蓄電池の価格を固定式とポータブル式で比較するとともに、それぞれのメリットとデメリットも紹介しています。 固定式蓄電池の価格とメリット・デメリット 固定式蓄電池の価格 固定式蓄電池の価格は、おもに容量によって差がありますが、80万円~200万円ほどかかります。 最近では、太陽光発電・蓄電池セットで導入する家庭も増えています。 固定式蓄電池のメリット・デメリット 固定式蓄電池のメリットは、容量が大きいことです。 平均的な容量は5kWh前後ですが、10kWhを超える大容量の蓄電池を導入する家庭も見られます。 デメリットは、価格が高価なことや、工事が必要なことなどがありますが、国や自治体からの補助金を受給できる場合もあります。 ポータブル式蓄電池の価格とメリット・デメリット ポータブル式蓄電池の価格 ポータブル式蓄電池の価格も、やはり容量によって差がありますが、5万円~40万円ほどかかります。 ポータブル式蓄電池の容量は、大容量のモデルでも2000Wh~3000Whといったところです。 ポータブル式蓄電池のメリット・デメリット ポータブル蓄電池のメリットは、持ち運びができることや、固定式に比べて価格が安いこと、工事が不要なことなどです。 デメリットは、固定式に比べると容量が少ないことですが、大容量モデルには、拡張バッテリーを継ぎ足して容量を増やせるモデルもあります。 Jackery(ジャクリ)蓄電池の価格の例 Jackery Solar Generator 2000 Plus 「Jackery Solar Generator 2000 PLus」は、ポータブル電源とソーラーパネルがセットになったポータブル式蓄電池で、価格は355,000(税込355,)円です。