AI(人工知能)とロボットはどのような違いがある?利用するメリットも解説

AI

最近、世間から注目されつつあるAIロボット。AI(人工知能)を備えたロボットですが、人工知能とロボットの違いを理解していますか。また、AIロボットを導入することで、どのようなことが得られるのでしょうか。この記事では、AI(人工知能)とロボットの違いと、AIロボットを利用するメリットをご紹介します。

AI(人工知能)とロボットの違い

AIとは、コンピューターで人間が行う知的な作業を行うシステムやソフトウェアのことです。大量のデータから規則性を見つけて、人間と同じかもしくは人間よりも優れた処理を行います。人工知能はディープラーニングという機械学習を使うことで、精度を高めていくのが特徴です。

一方ロボットは、基本的にはプログラムで決められた動きしか行いません。プログラムされていること以外は動かないように作られているので、ロボットだけではAIのように学習をしたり、自分で判断したりすることはありません。工場で活躍する産業用ロボットやラジコンのように物理的なロボットもありますが、プログラム通りに行動を繰り返すソフトウェアもロボットのひとつです。

そんなAIとロボットを組み合わせることで、今までは人間が行っていた繰り返し行う作業をAIロボットに担ってもらうことができます。

AIロボットを利用するメリット

AI

AIロボットを導入するとどんなメリットが得られるのでしょうか。ここでは、AIロボットを利用するメリットをご紹介します。

人手不足を解消してくれる

現在、飲食業や宿泊などのサービス業、医療業、介護・福祉業では、人手不足が叫ばれています。そんな人がいなくて困っている場所にAIロボットを導入することで、生産効率が向上します。AIロボットは、同じ作業を繰り返す作業を得意とするので、今まで人間がしていたそれらの作業をロボットに任せることで、人手不足が解消されるのです。すでに一部の工場やレストラン、ホテル、老人ホーム、病院にはAIロボットが導入されています。

生産性が向上する

AIロボットを導入すると、社員の生産性を向上することにつながります。AIロボットは、同じことを繰り返す事務作業や工場のライン作業、問い合わせの回答などが得意です。誰でもできることをAIロボットに任せることで、社員は他の作業に集中できるので生産性が大幅に向上します。さらに、AIロボットはミスもなく働き続けられるので、人件費などの費用削減にもつながります。

レストランでの食品配達を効率的に行うなら「Lucki」がおすすめ

AI

ORIONSTARから販売されている「Lucki」は、レストランでの作業の一部を担えるAi ロボットです。食器を決められた場所に届けたり、お客さまに挨拶したり、モニターにポスターやCMを映したり、お客さまを指定の席に案内したりできます。アクリル素材を採用しているので、消毒や掃除が簡単にできるので、配膳時の衛生面と安全面が確保できます。配膳と案内、プロモーションが行えるAI配送ロボットは、レストランの業務効率を向上してくれる便利なアイテムです。ORIONSTAR「Lucki」が気になるかたは、公式ホームページをチェックしてみてください。

See also  Paul Pogba: Juventus Transfer Betting Tips
Like this post? Please share to your friends:
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: