大きな成長が見込める米国株ですが、「どうやって購入するの?」「米国株を買う時の注意点は?」など、疑問に思いますよね。
今回は、米国株の魅力、注意点をご紹介します。 初心者の方にも優しくわかりやすく説明しているので、米国の株式投資に挑戦したい方はぜひ参考にしてみてください。 米国株ならではの魅力として挙げられるのは以下の3つです。 (1) 1株から購入可能なので少額から取引できる 魅力の1つ目は、国内株よりも少額で取引できることです。国内株は「単元株制度」によって基本的に最低取引単位が決まっています。例えば100株を購入するには平均的に見て数十万円かかるため、国内株を買いたいと思っても購入金額が高いハードルになってしまいます。その一方で、米国株は1株からの購入が可能なので、AppleやAmazonなどの世界的企業でも数千円〜数万円で購入することができます。  (2)成長率が高く長期的な見通しが良い 2021年になって、米国株の指標であるダウ平均、S&P500はともに史上最高値を更新しています。しかもどちらの指数も2010年以降、コロナショックなどを乗り越えながら成長し続けていることから、良好で長期的な見通しを立てることができます。  (3)配当の頻度が多く利回りにも優れている 頻度や配当額など総合的に見て配当利回りが良いことです。米国企業は配当金による株主還元を重視している傾向にあり、株主優待がない代わりに高配当の株が多めです。 国内株の配当頻度は年1~2回程度なので株を保有してから配当金がもらえるまで半年以上かかることもあります。しかし、米国株は3ヶ月に1回程度のペースで配当金がもらえるタイミングが回ってきます。 では、米国株の買い方についての注意点をご紹介します。 (1)日本語での情報収集がしにくい 株を購入する際は企業の業績や業界の動向など、様々な情報を集めた上で成長性・将来性を判断することが重要です。 しかし、米国株については当然ですが米国企業への投資なので出回る情報も基本的に英語であり、日本語の情報は多くはありません。 (2) 株価変動とは別に為替変動の影響も受ける。 株価が上昇していても為替変動によって利益分が帳消しになってしまうリスクがあります。 (3)国内株よりも多くのコストがかかる 米国株の取引では米国現地の手数料と国内の委託手数料、両方が発生します。   情報不足に対応するために活用したいのが日本語で米国株の情報収集ができる米国発の大手メディアです。例えば、米国の金融関係者たちが使っているメディア「ウォール・ストリート・ジャーナル」や「ロイター」は日本語でも閲覧することができます。 また日本でもお馴染みのTwitterやYouTubeは米国株取引でも生の現地情報を得るための貴重な情報源になるため、常にチェックし、適格な投資判断ができるようにしておきましょう。  
QR code for restaurants: Treat veterans to a sumptuous meal this Veterans Day
This Veterans Day, restaurant owners can honor those who fought for the country with a sumptuous complimentary meal. With an interactive QR code menu, meal selections can easily
テクノロジーの進歩によるデメリットとは?
世界中で半導体不足が深刻化していることがここ最近話題になりました。身の回りのほとんどの電子機器に使われているロジックICやトランジスタなどの需要の高い半導体部品は特に影響が大きく、その在庫不足によって電子機器や車、ゲームなどの納期が遅れるトラブルが相次いでいます。その解消の兆しは徐々に表れているようです。このようにテクノロジーが生活の基盤となっている私たちの生活。それは良いことばかりではなく、実は失うものもあるのです。今回はテクノロジーの発展に伴うデメリットを紹介します。   雇用の減少 これが一番のデメリットであると言われています。便利な世の中になるということは人の手を必要としなくなるということです。すなわち、ロボットや機械が今行っている仕事の代役をすることによって、人を採用する必要が減ります。私たちは今後、いかにロボットや機械に替えられない仕事をするかが試されるようになってきます。コミュニケーション能力を必要とする仕事やカウンセラー、コンサルタントなどの相談に乗るような仕事、保育士や教師などの教育関連の仕事は今後もロボットや機械に頼ることなく、人間が行う仕事として需要があると言われています。 そして、機械やシステムを開発する仕事、ロボットのメンテナンスなどといった仕事は更に需要が高まり、AIによる新たな仕事も増えると言われています。 ロボットのバグなどによる事故の発生 テクノロジー発展によって、街中にAIロボットや自動運転車などが現れるようになると、機械同士、もしくは機械対人間で事故が起こる可能性は0ではありません。例えば、人間が自動運転で自動車や乗り物に乗っている際にバグが起き、事故が起きた場合、責任の所在がどこに行くのか、各国でより詳しくルールや規制を作る必要があります。 情報漏えいのリスクの増大 人間がこれまで紙を使って倉庫に保管していた情報をシステム上にデータを入力するようになれば、情報漏えいのリスクは高まります。倉庫に入り、盗みを行うよりも簡単に、意図的に何者かがシステムをハッキングし、情報を盗み取る可能性も出てきます。 このようにテクノロジーの発展に伴うデメリットを紹介しましたが、メリットとしては、高齢化社会による労働力不足の改善、生産性の向上、コスト削減、生活を快適なものにする、サービスの向上、安全性の向上など、デメリットを上回るほどあります。今後、デメリットを解消できるような解決策を設け、私たちの生活をより豊かなものにしてくれるでしょう。