優れたスマートウォッチに必要な機能とは?主な機能をご紹介
スマートフォンが普及して、認知度を上げているのがスマートフォンと連動して使えるスマートウォッチ。さまざまなメーカーから発売されているスマートウォッチには、魅力的な機能が数多くあります。その中でも、優れたスマートウォッチに必要な機能はどんなものなのでしょうか。 この記事では、スマートウォッチに必要な機能についてご紹介します。 スマートウォッチの主な機能 スマートウォッチは、スマートフォンでできることをよりスマートにするための腕時計です。ここでは、優れたスマートウォッチの主な機能をご紹介します。 時計 スマートウォッチは名前の通り、時計の機能が搭載されています。数字で表示されるデジタルタイプと、長針と短針で表示されるアナログタイプの2種類があります。時間を確認する際に、いちいちスマートフォンを取り出す必要がないので便利です。 心拍数機能 スマートウォッチにセンサーが内蔵されている場合は、心拍数を図ってくれたり、記録してくれたりします。記録されたデータは、スマートフォンのアプリに送信できます。日頃から健康管理をしたい方におすすめの機能です。 スマートウォッチを付けている間、自動的に測定・記録されます。 血中酸素濃度測定機能 新型コロナウイルスの影響で注目を集めているのが、血中酸素濃度が測れる機能です。血中酸素濃度は、新型コロナの重症度分類の判断基準のひとつになっています。 血中酸素濃度測定は、指先に挟んで測定することがほとんどです。一方のスマートウォッチの場合は、手首または指先に照準した光の量や色などの情報で測定するため、決して制度が高いとは言えません。医療的にも認められていないので、その点には注意が必要です。 ただ何もしないよりはマシなので、あくまで個人の健康管理用として使いましょう。 睡眠検知機能 寝ている間もスマートウォッチを付けていれば、睡眠時間や睡眠の質を自動で計測してくれます。寝ても疲れが取れない方や、睡眠の質が低いと感じる方は、日頃から睡眠についての記録が取れるので、改善点を探すのに役立つかも知れません。 起床時間と就寝時間が一目で確認できるので、規則正しい生活を送りたい方にもおすすめです。 音楽再生機能 スポーツをしている時や、家事をしている時など、音楽を聴きたいけどスマートフォンがあると不便だと感じるシーンでも、スマートウォッチがあると気軽に音楽が聴けます。 音楽を聴く際は、Bluetoothやワイヤレスイヤホンなどで接続することで楽しめます。 GPS機能 スマートウォッチ自体にGPS機能が搭載されていると、単体で位置情報を受信します。そのため、例えばランニングやウォーキングの時に、スマホがなくても歩数や移動距離、ルート、心拍数、消費カロリーなどを記録してくれます。 運動中にスマートフォンを持ち歩く必要がないので、荷物が少なくなるのがメリットです。 防水機能 防水機能が搭載されているスマートウォッチなら、水泳や汗をかくトレーニングでも安心して使えます。また防水機能があれば、急な雨が降った時でも安心です。 決済機能 スマートウォッチでは、電子マネーの決済ができるモデルがあります。スマートウォッチで電子マネー決済ができれば、スマートフォンを取り出して、ロックを解除して、電子マネーの支払い画面を呼び出して、決済端末に読み取らせるという行動が必要ありません。電子マネー決済ができるスマートウォッチなら、手首を決済端末に近づけるだけでいいので、スムーズです。片手で済ませられるので、ストレスフリーで買い物できます。 画面表示のカスタマイズ機能 スマートウォッチでは、画面の表示デザインをカスタマイズできる機能が搭載されていることが多いです。特に文字盤全体がタッチスクリーンになっている場合は、好みに合わせた表示にカスタマイズできます。使うシーンに合わせて画面をカスタマイズすると、使いやすく見やすくすることが可能です。
スマホへのメール、SNS着信やアプリ通知を確認できる スマートウォッチで生活の便利さを最大化に!
機能やサポートしてくれることなどを解説 スマートウォッチとは、タッチスクリーンとCPUを搭載した腕時計タイプのウェアラブル端末です。ウェアラブル端末とは、身に着けることができる電子機器のことで、さまざまな機能をいつでもどこでも持ち運ぶことができます。 時間を見ること以上にも、多くのスマートウォッチはBluetooth機能が付いていますので、スマートフォンと連携させると、コミュニケーションやトレニンーグをもっと楽しくすることが可能です。スマートフォンへの着信やアプリ通知を確認できたり、電子マネー決済ができたり、毎日の健康管理や運動などに役立てられたりと、日常生活のパートナーとして大活躍してくれます。 そこで、スマートウォッチの機能や選び方を解説し、最後におすすめのブランドを紹介します。 スマートウォッチの基本的な機能 スマホへのメール、SNS着信やアプリ通知を確認できる スマートウォッチの代表的な機能と言えば、通知機能はメインとなります。スマートフォンに届いている電話やメールを通知してくれるので、重要な連絡を見逃すことがなくなります。マイクとスピーカーが搭載されているものであれば、ダイレクトに通話をすることもできます。 通話だけではなく、メールやメッセージを全文表示させたり、返信したりすることも可能ですので、スマホを出しなくてもコミュニケーションを取れます。 電子マネーでキャッシュレス決済 キャッシュレスが加速している現代、スマートウォッチは電子マネーのウェアラブル端末としても注目されています。決済するときにスマートウォッチをかざすだけで、キャッシュレスで支払いが完了するので、バッグから財布を取り出す手間が省けます。 Google PayやモバイルSuicaなど、「電子決済」に対応したモデルなら、お財布を持たずに買い物や交通機関の利用が可能ですので、とても便利です。 健康管理 スマートウォッチは、主な健康管理機能として、手首に装着することで心拍数や消費カロリーなどを計測できるため、ヘルスケアの管理が可能です。モデルによっては、血圧の測定や睡眠レベルの管理など、より高度な測定機能が備わっている場合もあります。 心拍の変化を目で見ることができる機能では、効率よく運動するためにも活用したいものです。ほかにも血圧チェックや消費カロリー、移動距離を測定できる機能を備えたモデルも多くあるので、ダイエットやフィットネスにも役立ちます。 気になる方はこちらに注目! HUAWEI WATCH GT 3 proをおすすめ HUAWEI WATCH GT 3 proは、絶妙な職人技と美学を融合させ、健康とファッションを最先端にまで高めています。 ダイビングアクセサリーのEN13319規格の要件を満たし、耐水性のIP68および5ATM定格を備えています。ダイビングの速度、深さ、継続時間などのダイビングデータをリアルタイムで表示します。深く降りすぎたり、長すぎたりした場合の自動リマインダーなど、気密性のある安全リマインダー設定を備えています。最大深度30メートルのフリーダイビングに対応していますので、水泳が好きな人は是非試してください。 水泳だけではなく、またはランニング、サイクリング、登山、スキーなど、100を超えるトレニンーグから選択できます。運動に興味が持っている方はhuawei