家庭用ラーメンをもっと美味しくする方法
日本のラーメン通は、何年も前からインスタントラーメンをグレードアップする方法を試してきました。乾麺は何世紀も前からありましたが、インスタントラーメンは1950年代に安藤百福という日本人発明家によって開発されたものです。   2000年に行われた世論調査では、日本人はインスタントラーメンを20世紀における日本の最高の発明だと考えていることが判明しているほど、安藤の発明は愛されました。   今回は、インスタントラーメンをより美味しく食べるためのハックをご紹介します。 1.自分でスープを作る。 インスタントラーメンに付いてくる味付けパックに頼るのではなく、自分で作ったスープでラーメンを作ってみましょう。 チキン、ポーク、野菜などのブイヨンと、かつお節と昆布を湯通しして簡単に作れる出汁を半分ずつ使って、ラーメンのスープを作る。その他のスープのバリエーションは www.fooddiez.jp で参照できます。 自家製のボーンブロスや出汁、あるいは味噌を水と混ぜたものを使うこともできます。塩分や他の材料をコントロールできるだけでなく、味のバリエーションも広がりますよ。 2.自分好みの味に仕上げる。 麺を茹でるときに、下味をつけるとよりおいしくなります。インスタントラーメンに付いてくる調味料も良いですが、味噌、塩、醤油、ごま油、バターなども試してみてください。スパイス、塩、油脂など、2〜3種類の調味料を組み合わせるのがポイントです。 3.ソースで味付け。   鍋に入れたニンニクと生姜にサンバル(唐辛子)を加える。冷蔵庫に使いかけのソースが20本以上ある人は、ぜひ試してみてください。インスタントラーメンは、そのようなソースを使い切るのに最適な方法です。サンバル、チリガーリックソース、シラチャー、オイスターソース、ホイスターソース、ナンプラー、コチュジャン、醤油、その他多くのソースをスープに入れれば、より美味しくいただけます。 ソース類には塩分が含まれていることが多いので、スープを選ぶ際にはその点にも気をつけましょう。 4.お好みのトッピングをする。 ラーメンのトッピングは無限大。定番はゆで卵、ネギ、豚バラ肉。また、野菜や肉、漬物なども加えることができます。冷蔵庫の中身を空っぽにしたり、想像力を膨らませたりと、ラーメンの可能性は無限大です。 5.タンパク質を加える。 ラーメンはデンプンと脂肪がほとんどです(ほとんどの安価なラーメンブランドでは、麺を揚げて脱水しています!)。そこで、タンパク質をプラスするのはどうでしょう?卵は安くておいしいし、ほとんどの場合、麺やスープと同じ鍋で直接調理することができます。 他にもたくさんの選択肢があります。 豆腐の角切り、スライスしたテンペ、ロティサリーチキン、豚ひき肉(こんがり焼いたもの)、殻付き枝豆、プルドポーク、エビ、何でもOK !  ヒント:生卵をそのまま煮立ったスープに割り入れて、6分ほど煮ることができます。このとき、煮汁が激しく沸騰していないと、卵がバラバラになり、煮汁が濁ってしまうので、注意してください。 6.野菜を加える。 正直に言います。ラーメンは健康食ではありません。しかし、でんぷんに少し栄養素を加えるのはとても簡単です。 ほうれん草、ロメインレタス、もやし、キャベツの千切り、クレソン、ネギなど、すぐに火が通る野菜は、食べる直前にスープに混ぜ込むとよいでしょう。数秒でしんなりするはずです。