VPNを利用する上で知っておくべき全てのこと
VPNとは何ですか? VPNとは、Virtual Private Network(仮想プライベートネットワーク)の略式名です。 VPNを利用することで、より安全でプライバシーに配慮したインターネットアクセスが可能になり、検閲やコンテンツ規制を回避することができます。 VPN に接続するにはどうすればよいですか? VPN接続を確立するには様々な方法がありますが、最も簡単な方法は、VPNを販売している会社からVPNプログラムをダウンロードすることです。 多くのVPN会社は、世界中に多くの異なるサーバーを持っています。これらのサーバーは、トラフィックの暗号化、オンラインの安全性の向上、ブロックされたコンテンツの閲覧に使用することができます。必要なのは、VPNをダウンロードし、そのプログラムを使って、必要なVPNサーバーに接続することだけです。 VPNサービスの良し悪しを判断するには、サーバーのセキュリティ、速度、安定性などの要素を確認する必要があります。 VPNはどのように日常を向上させるのか?  IP アドレスと匿名性 VPN サーバーに接続すると、インターネット接続を介して送受信されるデータを誰も見ることができなくなります。これは、リモート VPN サーバー経由でトラフィックを送信すると、あなたの IP アドレスが変化するためです。ウェブ上の他のユーザーには、あなたが実際に使用しているIPアドレスではなく、サーバーのIPアドレスが表示されるだけです。 これには多くの利点があります。とりわけ、ISPは、あなたが閲覧したページや利用したインターネット・サービスを監視することができなくなります。さらに、広告会社はクッキーなどを使ってお客様に関するデータを追跡することができないため、お客様に関するプロファイルを作成することができません。プロファイルは、ターゲットマーケティングなどの目的で使用されます。 オンラインセキュリティ 端末とVPNサーバー間のデータはすべて暗号化されているので、ハッカーに送受信データを見られたり、利用されたりすることはありません。一般的に、Wi-Fiネットワークを使用する場合、追跡されやすいと言われています。 VPNを利用することで、このリスクを回避することができます。 ウェブ検閲の回避 ネットワークによって特定のサイトにアクセスできない場合があります。例えば、学校ではYouTubeがブロックされているかもしれません。しかし、VPNに接続すると、ネットワークがウェブサイトをブロックすることができなくなるため、いつものように閲覧することができます。 幸いなことに、日本ではインターネット上に表示されるコンテンツを厳しく検閲しておらず、法律の範囲内で私たちが望むほとんどのコンテンツを閲覧することができます。 しかし、中国、ロシア、イラン、北朝鮮などコンテンツが検閲されている国に行くと、ソーシャルネットワーク(Facebook、Twitter 等)や国際的なサイトなどが利用できなくなることがあります。