テラスハウス ハワイ【3話】ネタバレ!侑哉&エリックがダメダメ!

テラスハウス ハワイ【3話】ネタバレ!侑哉&エリックがダメダメ!

 こんばんは。今回は、テラスハウスのハワイ編【第3話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

 さて、今回は第3話ですね。先週はようやくメンバーが徐々に打ち解けだして、侑哉とローレンがまさかのランニングデート(東京編でも同じシーンあり)に行ったりと、ちょっとずつですが男女の関係に動きが出てきました。今週はさらに動きがあるとのでは?と思いきや、侑哉とエリックのダメさ加減が半端ないことが発覚してしまったのです。

 ではさっそく、テラスハウス ハワイ編の第3話の感想(ネタバレあり)行ってみましょう♪

テラスハウス ハワイ編 第3話のネタバレ

※ここからは、『TERRACE HOUSE ALOHA STATE』の「シーズン1:Part1:エピソード3」のネタバレを含みます。ご注意下さい。

 さて、テラスハウスのハワイ編第3話は、とある夜、テラスハウスの庭のプールで侑哉、エリック、エビアンの三人が戯れるシーンからです。侑哉とエリックがプールの飛び込んだり浮き輪に乗ったりして楽しんでいるところにロレインが洋服を来たままプールサイドにやってきます。エリックがおもむろに「その腕時計防水?」とロレインに聞いて「防水」と答えると「大丈夫やな」と言ったかと思うと、いきなり足でバシャバシャとロレインに水をかけだしたのです(笑)。不意を疲れたロレインは結構ビショビショになり「あーあー(笑)。ちょっとぉーー(笑)」ともう笑うしかありません(笑)。エリック結構エゲツないですねぇ。でも、さすがハワイですね。飛び込んだり騒いだりしても近所迷惑にならなそうですから。都会は住みづらいです…。
 どうやらロレインは泳ぎが苦手みたいなのですが、プールに入っている三人からサーフィンに誘われます。ロレインはサーフィンをやったことないのですが、みんなが教えてくれるということで、次の日曜日、さっそく四人でサーフィンに行くことになりました。しかし、このサーフィンが後に、トラブルのキッカケとなってしまうのです…。

ロレインがバイトの面接&侑哉はELSへ

 ロレインは昔英語が喋れたそうなのですが、長いこと日本にいたのですっかり忘れてしまったようです。そして、今回バイト面接の申込みの電話をハワイですから英語でかけないといけないのですが、その予行練習をエビアンが手伝ってあげます。エビアンはハワイのTシャツショップで働いているので英語はペラペラです。エビアンがお店のスタッフ役として何回かシュミレーションをした後、実際にお店に電話します。
 でも最初はロレインの英語が上手く通じず、「お仕事の募集はありますか?」と聞いているのに「今、お店に空席はありますか?」というふうに伝わってしまったのです。それさえもよく分からなかったロレインは電話を切ろうとしたのですが、隣で会話を聞いていたエビアンがすかさずフォローしてくれて、なんとか話が通じました(汗)。ハワイなので当たり前ですが、エビアンの英語力でバイトが務まるのか心配になってきました…。でも、エビアンがすごく優しかったです。こういう友達がいたら私もハワイでやっていけそうな気がします(笑)。

 続いて侑哉がELSという語学学校?みたいな所に通ううことになりました。実際にELSの学校に行き、幾つかのテストを受けたようです。当たり前ですが、すべて英語なので見ているこっちもドキドキします。

悠介が日本からハワイに帰国

 サーフィンに行く前日の夜、キッチンでローレン、ロレイン、侑哉、エリックが談笑しています。明日はワイキキでサーフィンしようという話になり、エリックがロレインに「エビアンに教えてもらい?」と言います。「え?教えてくれないのエリック(笑)教えてよー」とロレイン。侑哉も「めっちゃ嫌がってんじゃん教えんの(笑)」とツッコんでいました。実は何気ないこの会話、後のトラブルの伏線となるのです…。

 そこへ数日間日本でコンテストに行っていた悠介が帰ってきました。優勝とまではいかなかったそうですが、ファイナルまで残り『特別賞』を獲ったそうです。特別賞でもらった楯を見て、みんなすごい!と悠介の頑張りを称えていました。
 そして悠介は「居ない間みんな何やってたの?」と自分の居ない間のテラスハウスの出来事を聞きます。すかさず侑哉が「めっちゃ楽しかったよ」と茶化します(笑)。するとあのローレンまでもが「ロレインと侑哉が付き合うことになった」と冗談を言う始末。すかさず「なってねぇ(笑)」とツッコむ侑哉。でも悠介的にはマジだと思ったそうで一瞬ビックリした表情をしていました。ほんと、みんな冗談きついですよね(笑)。この二人は今バイトもしていなくて、いつも一緒にいることが多いらしく侑哉も「気が合うんよ。話しやすい」とロレインのことを言っていました。私としては「おお!?」っと思ったのですが、これもまた別件でこのあと問題が起こります。

 そして話は再び悠介のコンテストの話へ。侑哉が「やっぱり緊張した?」と聞くと、悠介がいつになくビシっと「音楽は緊張はしない。失敗もしない!」と男らしく言い切りました。女性陣も今のはいい返事だったと大絶賛でした。でもすかさず「それ以外は全部ダメ」といつもの自信なさげな悠介に戻ってしまいました。「どんだけ自信ないんだよ!自信持てよ!」と侑哉もツッコんでいました。悠介もそこが自分の課題だと思っているようです。

ロレインがサーフィンに初挑戦!事件の幕開け…

 エリック、侑哉、それとエビアンはサーフィン経験者で、初心者はロレインだけの四人でいよいよサーフィンです。昨晩の話は冗談だったようで、エリックが板の乗り方をロレインに教えます。その後はサーフィンを楽しむ経験者三人のシーンと、一人悪戦苦闘するロレインのシーンが映し出され、ランチタイムのシーンになります。おにぎりと唐揚げ弁当という”和風”なランチにご満悦な四人。エビアンが「初めてのサーフィンどう?」とロレインに聞くと、「みんなが凄かった…」とロレインの反応がイマイチなのです。三人は「明日も行こう!」という話になるのですが、ロレインは乗る気ではなく「私はちょっと休憩するわ」とそっけない感じです。
 この時は「ちょっとロレインには難しかったのかな?」くらいにしか思わなかったのですが、このロレインの反応が後のトラブルに関係してきます。

侑哉とロレインがデートっぽいことをします

 サーフィンの夜、エビアン以外の5人がリビングに集まって談笑します。すると一人抜け、二人抜けとそれぞれがやることがあると部屋に戻っていき、結局いつも残るのは侑哉とロレインなのです。さすがにいつも一緒にいることが多いこの二人は何気に仲良くなったみたいで、侑哉も「こいつ、気合うわ。話しやすいって思った」と言っていました(”こいつ”って言うくらい仲がよくなったんでしょうね)。ロレインも「ありがと」と言うあたり、このふたりもしかして!?という雰囲気が出てきました。
 そして、翌日。もともと足りない物の買い物に行こうとしていた二人だったのですが、侑哉が「今日さ、買い物行くだけだと絶対時間あまるから暇じゃん。海行かね?」とロレインをさそいます。「いい海あんのよ。めっちゃ景色きれいな」と。これは、侑哉がロレインをデートの誘ったと思いますよね!?でもこの後、侑哉がとんでもない言葉をロレインに投げかけるのです…。

 さて、いよいよ侑哉とロレインの二人が車に乗ってデートに向かいます。すると侑哉がいきなり「何!?緊張してんの?えーーっ!」と緊張気味なロレインをからかうのです(笑)。「乙女心をわかって!(笑)」とごまかすロレイン。ラフな恰好な侑哉とは対象的にロレインはデートっぽい可愛いコーディネイトです。まあ、ここまではいいんです。侑哉も照れ隠し的な部分もあったと思うのです。そして、向かった先の海が、想像以上にキレイで二人共ご満悦でした。さて、ここからです。浜辺のベンチに腰掛けて、一通りこれからのこととか話した後、以下の会話が繰り広げられます。

侑哉「よし。帰るか。飽きたし」
(せっかく来たのに…と不満そうなロレイン):「じゃ、いいよ」
侑哉「何?不満そうやん。別にいいよ。飽きるまでいいよ。」

 そしてもうしばらく海にいた二人。その後帰ろうという話になり、芝生の上を裸足で歩きながら車に向かう道中「ここでシートひいて寝たい」と侑哉が言うと「私、初デートピクニックみたいのがいいって言ったやん」とロレイン。侑哉も「あ、そっか。そのまんまやん」と言ったのですが、次の言葉に耳を疑ったのです。

 侑 哉「ま、デートじゃねぇしこれ。」
ロレイン「フフッ。これ、何?」
 侑 哉「遊び。暇つぶし。」
ロレイン「うん。」
 侑 哉「え、デートがよかった?」
ロレイン「いやわかんない。これは何なんだろうって感じ」

 正直、侑哉にイラッと来ました(怒)。本当にデリカシーのない男だと思いませんか!?自分からきれいな海を見に行こうと誘っといて、「緊張してんの!?」とかからかって、飽きたからって自分勝手にデートを切り上げようとするし、挙句の果てには「暇つぶし」ですって。頭にきますよね!?
 でも冷静になって侑哉の態度を見てみると、ロレインの事を”女”として見て無くて、”ただの仲の良い友達”なんだと思います。会話の中でも「悠介ともっと喋ってあげて」とか言ってましたから、侑哉はロレインに対して、一切恋愛感情は無いんだということがわかりました。ロレインとしては、それがはっきり分かってよかったのではないでしょうか。思わせぶりな態度よりはむしろよかったのかもしれません。

女性陣の不満が爆発!?エリックが心無い言葉を…

 その日の夜、珍しく女性陣三人だけがキッチンで話をしています。話題は今日の侑哉とのデートの話です。二人の女性から「何かあった?」と聞かれるロレインですが「何もなかった!」と即答です(笑)。深い話も特になかったとロレイン。エビアンとローレンも侑哉とロレインがもしかすると!?と思っていたのでしょう。思ったような答えが返って来ない事がわかると、ローレンも「I’ts OK!Next!」と言っていました(笑)。

そして、話は先日行ったサーフィンの話に。ローレンはその話を詳しく知らなかったそうで、ロレインとしてはボロボロだったけどエビアンがずっと一緒に居てくれて嬉しかったと話していました。それを聞いてローレンも「エリックが教えてくれるはずじゃなかったの?」と聞くと、浜辺で「こう乗んねん!」とだけ教えてくれたら、あとは遠くに行っちゃってた…と話すと、エビアンも「男子は自分勝手過ぎてあり得ない。ジェントルマンじゃないし。」と珍しく怒っていました。

そして次です。信じられないような事実をローレンが話しだしたのです。

「言いたくないんだけど、サーフィンの前の夜に、エリックが『奈緒美(ロレイン)、行かないほうがいい』って言った」
「ローレン、ちょっと助けてlike」
「奈緒美と別のことやって下さい」
「楽しくなくなるって感じ」
「なんか教えたくない」
「俺達は楽しみに行ってるから」

 ローレンは日本語が苦手なので、発してる言葉が片言で意味不明な部分が多いのですが、要するにエリックからすると『ロレイン(奈緒美)が一緒だと教えてあげたりするのが面倒で、自分たちがサーフィンを楽しめないから、出来れば来ないで欲しい』と思っているということだと思います。この事実もちょっと耳を疑ってしまうのですが、これを聞いたロレインはローレンに「言ってくれてありがとう。」と大人な対応をしていました。ローレンとしても言いづらかったけど伝えたほうがいいと思って言ったと弁解していました。

 そしてそして、最後のシーン。エリックが一人キッチンのテーブルでパソコンを開いて仕事をしていると、ローレンが来て英語で「ちょっと時間ある?ちょっと来てもらっていい?」と二人でキッチンから出ていった所で第3話が終わりました。おそらく、サーフィンでの一件について何かローレンから話があるのかもしれません…。なんか怖いですね…(笑)。

テラスハウス ハワイ編 第3話を見終わっての感想

 テラスハウスのハワイ編 第3話(ネタバレ)は如何だったでしょうか?
 いやー、思ったよりも早い段階で、結構ディープな問題が勃発しましたね(汗)。まず、侑哉の件ですが、女子と二人で出掛けて「飽きた」「暇つぶし」という発言はないですね。男性としての魅力を全く感じません。見た目がちょっと曲者っぽかったですが、想像以上でしたね。
 次にエリックですが、これも耳を疑います。エリックは一番大人だし、しゃべり方も落ち着いていてソフトなので、まさかこんなにも自分勝手な人間だとは思いませんでしたね。もう二人共最低です。東京編のタップダンサー・雄基くんくらいダメ男です。一方、ロレインって私の第一印象では、けっこうズバズバ言う方で気の強い人かと思っていたのですが、なかなか控えめで大人な対応ができる人なんだなぁと思いました。個人的にはロレインの株が上がってます。さて、来週はローレンがどんな説教をエリックにしてくれたのか楽しみですね♪

 以上で、テラスハウス ハワイ編の第3話目の感想(ネタバレあり)を終わります。次回の放送は、11月22日(火)の配信です。お楽しみに♪

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】
スポンサードリンク


コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)