テラスハウス 東京編2019【13話】ネタバレ!ケニーの告白に号泣の莉咲子

テラスハウス 東京編2019【13話】ネタバレ!ケニーの告白に号泣の莉咲子

【見逃したテラスハウス視聴が7日間無料】
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
 ↓
フジテレビ公式動画配信サービス【FOD】へ


こんばんは。
ここでは、テラスハウスの東京編2019-2020の【第13話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

さて先週は、ケニーがついに莉咲子の事を「好きだね」と白状しました(翔平に対してだけですけど)。そして莉咲子にも直接「一緒にいたい」「今はかなり好き」「とても魅力的に思ってる」とガンガンにアピール。この告白とも思えるケニーの意思表示に莉咲子は一体何と答えるのでしょうか?
一方、香織に想いを寄せる流佳も料理を作ったり家事を手伝ったりと今まで出来なかったことを少しずつ頑張っています。今回は香織とお酒を飲みに行く予定です。何か進展があるといいのですが、当の香織はまだ翔平への気持ちが強いようで、まだまだ流佳の事は「男の子としか見れない」と漏らす場面もありました。

まずは、13話の予告動画をご覧になってからネタバレ記事をお楽しみ下さい。
ケニーと莉咲子は結ばれない?

ではさっそく、テラスハウス 東京編2019-2020の第13話のネタバレ&感想に行ってみましょう♪

▼あとで読みたい↓オススメ記事
> テラハ14話を予想!ケニー&莉咲子のカップル誕生?
> テラハ13話 未公開動画。一日洗ってない男が好き?
> テラハ13話 未公開動画2。爆笑!流佳の動画撮影
> テラハ13話 山チャンネル「往年の浅野温子さんみたい」
> テラハ13話の曲。BGMや挿入歌、お店の場所をご紹介!

テラスハウス 東京編2019 第13話のネタバレ

※ここからは、『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』の第13話『All or Nothing』(100か0か)のネタバレを含みます。ご注意下さい。

さて、テラスハウスの東京編2019-2020・第13話は、先週の直後のプレイルームのシーンからです。二人きりのケニーと莉咲子。ほぼ告白ともとれるケニーのアプローチに「ありがとう…」と言いつつも言葉が出てこない莉咲子。そして莉咲子の出した答えはまさかの「保留」だったのです…。

「私もわりと…最近ケニーさんのことについて考えてたのね。何も隠さずに本当に言うけど、この一ヶ月間、本当にいろんな事があったの。この年になって人とさ、ケンカすることもなかったし。いろんな事があって”自分がガキだったのかな?”とかすごく混乱してたの。でもその上で”こういうところがステキだよ”っていうのを見つけてくれたというか、そう思ってくれたことはとっても嬉しいし。本当にとっても好きだなとは思う」

しかし…。

「すごく大切な人だなって思うけど、本当にたくさんたくさん知らないと、私は”付き合う”って確信に至らないのね。だからその…まだ分からない…。伝わる??」

まさかの保留にケニーは「すごく伝わってる」と言うしかありませんでした…。
→ええぇ〜。莉咲子ちゃん、そうなのぉ〜??って思っちゃいました(^_^;)。でも好きだけどまだ「付き合う」っていうところまでは行ってないということなんでしょうね、きっと。

香織が流佳とのデートを一旦保留(←こっちも)

翌日の深夜11時半。ダイニングに流佳、香織、莉咲子の三人がお話をしています(春花は撮影のお仕事などで留守です)。
香織が流佳に「バイト変えるの?」と聞くと、流佳は先日、下北沢を歩いている時にアベンジャーズの看板を見たという話をし始めます。その看板はバーの看板だったらしく、マーベルファンが集まるお店だということが分かり、明日そのお店に行って働けないか見てみると言います。

しかしこの事がちょっと香織としては納得がいかなかったようで、「バーも全然いいと思うし、いいと思うけど」と前置きし、ちょっと説教じみた話をします。

「せっかくなら自分が将来やりたいかもしれないっていうところと、ちょっと近いバイトだといいよね。例えば私だったら絵が好きだからイラストレーターさんのアシスタントの仕事をしてみるとか。自分の今後のためになりそうな事につけるといいよね。バーもいいけど…”バーか…”ってちょっと正直思った(笑)」

これに対して流佳は「なるほどね…」と言いつつも、たまたまアベンジャーズの看板がバーだっただけだから、自分の好きなアメコミ関連じゃなきゃバーなんか行かないよと言います。香織は「なるほど、オーケー。いいじゃん明日見に行ってみて」と半ば諦めムードな感じでした。

そしてここからが本題です。香織が流佳に飲みに誘われた事について「誘ってくれたし、家であんまりしゃべんないから知るチャンスだなと思ってすごい楽しみにしてたのね」と言います。しかし「なんだけど…」とちょっと流佳にとっては辛い話をされてしまいます。

「正直、まだ流佳とあんまりおウチでしゃべったこともないから、何しゃべろうかなってすごい考えちゃったの。もしよかったら、もうちょっと仲良くなってから二人でご飯行かない?…でもいいかな?」

これに対して流佳は「でも俺は全然いいけどね」とちょっと抵抗します。しかし「えっ…話づらい??」と香織に質問します。香織は流佳が会話中に「う〜ん…」ってなる所がちょっと気になってしまうと言います。でも流佳は「俺、心で返事しちゃう場合が多くて」とちょっと謎めいたことを言います(笑)。香織はすぐに「いや、声に出そ!(笑)」とツッコんでいました。
流佳は会話中、次に話す言葉を考えてしまうらしく、いざ言おうとなった時にはもう会話が進んでしまっていることが多いと言います。だから、二人で会話してる時にそうなると黙っちゃう事があるというのです。
でも流佳としてもこうやって香織がキチンと正直な気持ちを言ってくれてよかったと話していました。

→う〜ん…ここは仕方なかったですかねぇ。これは香織が暗に「私はあたなに気はないわよ」と伝えてるのか、それとも単純にまだ二人で出かけるほど仲良くなってないと言いたいだけなのか…。

ケニーが卒業を決意&莉咲子にフラれる

ある日の午後1時半。代々木の道路にケニーの愛車のバスが停まっています。するとそこへ莉咲子が登場。今日は二人の海デートの日です。このケニーのバス、助手席にはシートがないらしく、前後に座る仕様のようです。

そして逗子海岸に到着した二人。台風は去ったとはいえ、海辺はすごい風です。ということでやむ無く予定していたサップを中止にするケニー…。どことなく残念そうです。
そして二人は長者ヶ崎へ移動すると、とある海岸沿いの駐車場にバスを停め、二人は車内でゆっくり話をします。ケニーは「実はさ、莉咲子に伝えなきゃいけないことがあるんだ」と切り出すと、ついにテラスハウスを卒業することを打ち明けます。
ケニーはテラスハウスに入る事が決まった時、ある程度出ていく時期を決めていたと言います。7月に入るとフェスがすごく多くなって全国を飛び回り、テラスハウスに全然帰ってこられない状態になると。なので、7月3日にあるワンマンライブが終わったら、長くないうちに出ていく予定だと話します。そして…。

「だから、今の莉咲子の人生にとって、俺が必要な男かどうか…ちょっと考えてみて欲しい」

突然ケニーから卒業を聞かされて面食らった感じの莉咲子。「ずっと続くと思っちゃってたのね莉咲子は。”ケニーさんはどうなのかな?人として好きなのかな?それとも男の人として好きなのかな?付き合いたいぐらい好きなのかな?”とかゆっくり考えていけるものだと思ってたの」と動揺を隠しきれずにいます。

しかし莉咲子はスパッと答えを出します。

「でも今決めろって言われたら…そこまでの気持ちではない」

意外な答えになんとか動揺を隠そうとするケニー…。だた一言「分かった」と言うのが精一杯のようでした…。
しかし、莉咲子の頬にも一筋の涙がこぼれます。この涙の訳は何なのでしょうか。

ケニーの卒業を聞いて号泣する男子メンバー

その日の夜10時半。男子部屋で一人ケニーがベッドで寝ていると、翔平がやって来て「ウィッス。全然リビング出てこないじゃないですか?」と話しかけます。ケニーが「んっ?うん…」と言葉を濁しているとそこへ流佳もバイトから帰ってきます。
翔平と流佳から今日の莉咲子とのデートを聞かれたケニーは、まずはテラスハウスを卒業することを二人に打ち明けます。驚く翔平と流佳…。そしてケニーは莉咲子にもフラれたことを告げます。莉咲子は前回「ゆっくり確かめ合っていきたい」みたいな感じのことを話していたらしく、急ぎたくないって言ってる人に答えを急げば失敗するのは分かっていたとケニーは言います。でもテラスハウスを卒業することは決めていたので、このタイミングで告白するしかなかったようです。ケニーは「そこまでの魅力が俺になかったんだな…」と残念がっていました。そして「名残惜しいけど…ありがとうございました」とちょっと涙ぐみながら頭を下げるケニー…。すると流佳が泣きながらケニーへの思いを語りだします。

「俺の中では…ケニーさんがいなくなんのはキツいです。結構、仕事面とかで…ケニーさんが家帰っていろいろ俺の話しとか聞いてくれたりしたから(涙声)…助かってたけど…。朝起きてもいつもケニーさん早く起きてて、朝家出る前も”仕事頑張ってね”とか(涙)。帰ってからも仕事のこといっぱい聞いてくれるし。結構助けになってたから(泣)」

最後にケニーは「マジ死ぬほど楽しかったし、男子メンバーが流佳と翔平で本当よかった」と話していました…。
→流佳クンの涙には私ももらい泣きしちゃいました(T_T)

泣き明かした莉咲子「もう分かんない」

翌日のお昼1時。ダイニングで一人翔平がPC作業をしていると、顔がパンパンの莉咲子が降りてきます。黒板を見ると今日ケニーはサーフィンに行っているようです。家でじっとしてても…って感じなのでしょうか。

莉咲子は翔平にケニーを振ってしまった話をします。莉咲子からすると、ケニーはもう32歳だし、結婚もしたい年頃だろうし、自分はまだ21歳でまだ結婚っていう年でもないし。なのでいろんなことを考えた結果、というかそもそもそういうことを考えている時点で…みたいな所も感じつつ「今は違う。そこまで好きではない」という結論を出してしまったと言います。

でも。そう言いつつも、好きか嫌いかで言えば「好きなんだよ」と莉咲子は言います。「おかしい?」と翔平に聞く莉咲子。翔平は「おかしいかどうか分かんないけど、お互いが同じレベルで好きになることなんて絶対ないと思うよ」とアドバイスします。そして一晩経って、今思っている素直な今の気持ちをもう一回ケニーさんに言えばいいんじゃないの?と言います。しかし、一度結論を出した手前、さすがにそれは出来ないと言う莉咲子。翔平から「気になることがあるなら、もっと話したほうがいいと思うよ」と言われると莉咲子は「もう分かんないの。もう全部」と涙するのでした。

→ケニーの事は単純に”好き”だけど、将来や今後のことを考えると”お付き合いは出来ない”とブレーキをかけてしまうのでしょうね…。切ないです…。

悠介&春花←ここの可能性は?

ある日の夜10時。代官山のオシャレなお店に春花がいます。するとそこへウクレレアーティストの悠介がやって来ます。
悠介に最近のテラスハウスでの生活を聞かれた春花は、香織に指摘されて、今みんなとコミュニケーションを取るのを頑張っている最中だと言います。そして悠介の事については、初めて会った時から醸し出す雰囲気がすごくいいなって思ったと話していました。

するとここで、悠介が春花の好みの男性のタイプを聞きます。春花は一緒にいて楽なのが一番いいと言います。さらに「結構かわいい系が好き。雰囲気は動物みたいな人が好き」と言い、春花も緊張してるのかなんだか変な会話が展開されます(笑)。

悠「前トドって話してたね(笑)」
春「好きだよカイ君。動物らしくてかわいいなって思ってる」
悠「動物らしい?言われたことなかったかも」
春「ウソ?動物らしくない?」
悠「いや、トドとは言われるけど」
春「私アザラシとか好きなの!海辺の生き物が」
悠「それって褒められてるの?よく分かんない(笑)」

逆に悠介は、一緒にいて楽な人が何だかんだ一番いいかもねと言います。すると春花も「そうだよね。最近刺激とか求めてないから、結婚っていうかこの人と一緒にいたらすごい安らげるんだろうなって思う人と一緒にいたいなって思う」と結婚観を語っていました。とにかく最近は一緒に昼寝とかして落ち着く人と一緒にいたいそうです。

そして話が一段落すると悠介はまた今度一緒に出かけようと春花を誘います。8月の5日まで東京にいるらしく、それまでの間にこの二人、またどこかへ出かけるようです。
そしてお会計の時。悠介は「テラスハウスのオンエアーを見てたでしょ!」と言いたくなるくらい、「あっ!いやいやいやいや!」と強い押しで春花をさえぎり、お会計を払います。すると春花は「ありがとう。何?すっごい男らしかった今」とびっくりした様子でした。

→悠介君。本気ですねぇ(笑)

春花にとって悠介は恋愛的にありなのか?

翌日のお昼12時。ダイニングに香織と春花の二人がいます。話題は昨日の悠介との食事の話です。ここでも春花は悠介のお会計がスマートだっと絶賛しています。
すると香織と春花が同い年の悠介と流佳を比較し始めます。例えば悠介と流佳が何かやりたい事を探していたとしたら、流佳は誰かが背中を押してくれないとやらなそうだけど、悠介の場合は自分からちゃんとやりそうだと言うのです。

そして香織が「カイ君は恋愛的にありなの?」と直球の質問を春花にぶつけます。しかも「結婚して一緒にいる姿は想像つくけど、デートしている姿はあんまり想像できない」と言うのです(笑)。
実は春花も悠介は、一緒にいて落ち着くしほのぼのする感じで結婚相手としてはよさそうだと思うと言います。でもドキドキとかはしないから恋愛に発展するかは分かんないと話していました。

ケニーが莉咲子の為に熱唱!莉咲子も涙

7月4日水曜日。この日はケニーが所属するバンド・スパイシーソルのワンマンライブの日です。メンバー5人は全員で応援に駆けつけます。莉咲子はケニーのライブは初めてだそうです。
するとケニーがMCで「あの…ちょっとだけ曲紹介します」と言い、↓こんな事を話し出したのです。

「今回の曲は、今俺が住んでいるおウチに入って作りました。歌詞を考えて作ってる時は全然自分では分からなかったんですけど、出来上がったら何か…この人にピッタリだなと思うような曲になってました。その人全然寝ないし、0か100でいつも頑張っちゃう、すごい頑張りすぎちゃう人なんですけど。その人に”頑張ってくれ”ってエールを。次の曲で送ってもいいなかな?」

客席で照れる莉咲子。「ケニー!カッコいいぞ!」と叫ぶ翔平(笑)。
その曲は『After Tonight』という曲で、いつもクールだったケニーが感情をあらわにして歌っていて、莉咲子も涙していました。

莉咲子がケニーに「行かないで欲しい!」

ケニーのライブ終了後。メンバー達は6人そろって焼肉屋で打ち上げです。
みんなで乾杯したあと、ケニーが全員にテラスハウスを卒業することを告げます。初めて聞く香織と春花は口を揃えて「寂しい…」と言います。
ここで香織が「テラス入って何が一番変わった?」と聞くとケニーは↓こう答えます。

「好きな人にちゃんとアプローチするようになったかも。どうしたら気にってくれるかな?とか。今までマジ超適当だったんだけど。俺のスタイルっしょ?みたいな。”ついて来てくれた子と”みたいな感じだったけど。何したら喜ぶかな?とか、相手のこと考えられるようになったかもね」

そんなケニーの話を聞きながら涙をこらえきれなくなった莉咲子が号泣しています。そしてみんなに「でもすごい…好きだったよ。好きだよ。好きだった…。分かんない…分かんない(涙)」と今の正直な気持ちを打ち明けます。

ケニーに「過去形なの?」と聞かれると↓こんなワガママを言います。

「何で出てっちゃうの?って思ってる。”行かないで”とか言っていいなら、すごい言ってる。行かないで欲しい。」

でもその後すぐに「困っちゃうね。ごめんね」と訂正する莉咲子…。ケニーは「ううん」と言うと「後で少し話せる?」ともう一度何かを伝えたいようなことを匂わせていました。
→好きだけど、まだ「付き合う」までの踏ん切りがつかない。だから気持ちの整理がつくまではそばにいて欲しいって感じでしょうか…。

ケニーのキスを莉咲子がかわした(笑)?

そして深夜2時近く。テラスハウスのダイニングにケニーと莉咲子の姿があります。二人はお酒を飲んでいるようで、ケニーはだいぶ出来上がっている感じがします。
すると莉咲子が今の正直な気持ちを打ち明けます。

「私すごいクソ野郎でさ。0か100にしなきゃって思って言ったの。バスで。でも結局言ったのに後悔して”分かんない、分かんない”ってなって。今日みたいに言ってしまってって、やってる自分がもう”はぁ…”ってなって。」

するとケニーはもう一度莉咲子に↓こんなお願いをします。

「俺はフェークじゃステージに上れないし、本当に今の気持ちは本気なのね。だから超ワガママだけど、俺がこの家を出るまでにもう一度考え直してみて欲しい」

それを聞いた莉咲子は「たくさん考える」とポツリ…。
ケニーが伝えたかったのはそれだけだったらしく、二人はみんながいるプレイルームに行ってもう一回飲もうと移動します。先に一人でケニーが向かうと、莉咲子は一度キッチンの流しに寄ってから向かいます。するとプレイルームの前でケニーが莉咲子を待ち構えているではありませんか。

もうすっかりいい感じに酔っ払っているケニーは莉咲子にキスをしようと迫ります。しかし、それを避ける莉咲子(笑)。

結局ケニーは莉咲子のほっぺにチューして、照れ隠しからか「じゃあね!」と言って、また一人でプレイルームへと向かったのでした…。

テラスハウス 東京編2019 第13話を見終わっての感想

テラスハウス・東京編2019-2020の第13話のネタバレはいかがだったでしょうか?

今回は揺れる莉咲子の心がとても印象的でした。
きっとケニーの事は好きなんだけど、まだ”付き合う”という覚悟が自分の中で出来上がっていなかったんでしょうね。
しかも付き合うには「結婚」という大きな問題も立ちはだかっていますし、なおのこと”覚悟”が必要だったのでしょう。まだ20歳そこそこの女性にとって、32歳の男性はそうとう大人に見えたと思います。私だったら恋愛対象になってたかな?と思うほど年上です。

ケニーは「もう一度考え直してみて」とお願いしていましたが、徳井さんが言ってたようにガッと莉咲子の不安もろとも持っていくような男気が欲しいところです。
それか、別にテラスハウスを卒業したとしてもゆっくり関係を育むことも出来るでしょうし。そんなに悲観的にならなくてもいいのでは?とも思ってしまいます。

あと、ケニーさんって、歌は武器にしたくない言っていたと思うのですが、メチャメチャ熱唱してましたね(笑)。それだけ必死だったんでしょう。今回の歌は私も心を打たれました。上手いとか下手だとか、そういったものを超越した何かを感じました。

さて来週はどうなるのでしょうか??
話の流れ的にはめでたくカップルになるような気もしないでもないのですが…。莉咲子ちゃん次第ですね。

次回の予告動画はこちら!

新メンバーが登場します!

以上で、テラスハウス 東京編2019-2020の第13話目のネタバレ・感想を終わります。次回は9月2日(月)深夜24時〜の配信です【確定】。お楽しみに〜♪
いつもありがとうございます。

※第13話の予想記事は↓に移動しました。
>テラスハウス 東京編2019【13話】ネタバレ予想!ケニー&莉咲子のカップル誕生?

あいのりネタバレブログやってま〜す♪
→【あいのりネタバレブログ】←

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】
スポンサードリンク


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By アヤ

    お久しぶりです^_^
    さて、早速感想ですが、私には正直りさこの考えていることが全く理解出来ませんでした。
    ケニーが結婚を念頭に置いた恋愛を希望していることは自己紹介の段階あたりから話していたことですよね?
    私はてっきり、りさこはそれを分かった上であれだけケニーに対してガンガンにアピールして、ライバルである春香にも喧嘩売っていたのかと思っていました。
    それがなんと、蓋を開けてみたら…あの答えですよ。
    何がしたかったの?どうなりたかったの?
    ていう感じです。
    若い子の恋愛ってそんな感じなんですかね??
    ケニー同様私もカナリ動揺というか困惑しちゃいました( ˙-˙ )

    • By terracehouse-fun

      アヤさん!コメントありがとうございます!感謝ですm(_ _)m
      >私はてっきり、りさこはそれを分かった上であれだけケニーに対してガンガンにアピールして、
      確かに(^_^;)結婚は意識した上だと私も思ってました。
      なので、私もほぼ100%カップル成立かと思いきや…。
      ケニーも「えっ!?」みたいな表情してましたよね。
      ただ、私はそこまではなんとか理解しようとしたのですが、最後の「行かないで欲しい」にはびっくりしました。
      もしかしたら春花に負けたくなくて対抗してたらいつの間にか本当に好きになてしまって。
      で、アレ?どうしようって思った時にはもう遅くて「分からない」となったのかもしれません。
      まぁでも結婚=出産ではないですから、もしカップルになっても、お互いよく話し合ってパルクール頑張ってほしいですけどね。

      >若い子の恋愛ってそんな感じなんですかね??
      私ももう若くないのでアレなのですが(笑)、きっと若者の恋愛は徐々に変わりつつあると思います。
      うちの娘もそろそろ年頃なので観察したいと思います( ̄ー ̄)ニヤリ
      いつもありがとうございます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)