テラスハウス東京2019【36話】ネタバレ!俊幸社長が夢にキスの衝撃

テラスハウス東京2019【36話】ネタバレ!俊幸社長が夢にキスの衝撃

【見逃したテラスハウス視聴が7日間無料】
今だけ!888円コースが2週間無料のキャンペーン中!
 ↓
フジテレビ公式動画配信サービス【FOD】へ


こんばんは。
ここでは、テラスハウスの東京編2019-2020の【第36話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

さて先週は、俊幸と夢がまさかのいい感じになりつつあり、クリスマスの夜にドライブデートに行く約束をします(待ち伏せ&変な腹筋もありましたが…)。
一方、快は「花のこと気になってる」と花に打ち明け、こちらの二人も急接近。逆にビビは凌への気持ちを断ち切る決意をするのでした。

まずは、36話の予告動画をご覧になってからネタバレ記事をお楽しみ下さい。
↓ビンスイ社長は絶好調!快君は…なぜ坊主に!?

ではさっそく、テラスハウス 東京編2019-2020の第36話のネタバレ&感想に行ってみましょう♪

▼あとで読みたい↓オススメ記事
> テラハ37話を予想!歴史に残る旅行になる
> テラハ36話未公開動画「夢『社長は猿』」
> テラハ36話山チャンネル「とてつもなくお尻がライト」
> テラハ36話の曲。BGMや挿入歌、お店の場所をご紹介!

テラスハウス 東京編2019 第36話のネタバレ

※ここからは、『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』の第36話『Angel』(天使)のネタバレを含みます。ご注意下さい。

さて、テラスハウスの東京編2019-2020・第36話は、クリスマス当日。俊幸社長が夢のオフィス前に車でお出迎えするシーンからです。

午後4時半。渋谷にある夢のオフィスの前。車を路駐し、コーヒーを両手に持って夢を待つ俊幸の姿がありました。
そこへ、「お疲れさまでーす」と仕事終わりの夢がやって来ます。俊幸は夢にコーヒーを渡し、助手席のドアを開けてあげるのですがロックがかかったままで開きません(笑)。

俊幸「開いてなかったっていう…」
夢「ありがとうございます。初めて車で迎えに来てもらったな」
俊幸「マジで?バージン奪ったね」

車内での二人はなかなかいい雰囲気です。
俊幸が「その辺だよね?オフィスね?」と聞くと、夢は「そうその辺。朝とか一緒に時間あったら行きたい車で」と言います。俊幸も「俺が起きられた送っていくのは全然出来る」と嬉しそうにすると、夢は「起きて欲しい」とお願いします。

俊幸「起こしてくれれば。コンコンっつって起こしに来てくれれば」
夢「でも男子部屋まだ入ったことないから緊張する」

俊幸「いや何か…起こしに来てくれれば全然行くよ」
夢「じゃあ起こしに行こう。”送って〜”って」

→俊幸って朝が苦手ってインタビューでも言ってましたしね
>新野俊幸の新入居インタビュー「朝起きれない」

そして車はレインボーブリッジに差し掛かります。イルミネーションがとっても綺麗で夢も「いいね橋。めっちゃキレイ」と漏らしていました。

俊幸社長が夢にキスの衝撃

その後、二人は再び都心へと戻り、原宿へとやって来ました。

▼お店の詳細は↓こちら
> テラハ36話の曲。BGMや挿入歌、お店の場所をご紹介!

夜7時。二人は原宿の街を歩きます。そしてイルミネーションがキレイな場所に座ると、「ささやかながらなんだけど…」と社長が夢に「リップクリーム」をプレゼントするのです。
俊幸は「むちゃくちゃ潤うらしいよ。ちょっと付けてみてよ」と言います。

しかし、夢が開けようとするとうまく開きません。俊幸が「開かない?貸して」と言って開けてあげようとすると、テープが貼られてただけでした(笑)。
そしてその流れで俊幸がフタを開けます。すると俊幸が「ちょっと俺が塗るよ」と言って、指で夢の唇にリップクリームを塗ってあげるのです。それがまた下手クソで…(汗)

夢「ちょっと下手じゃない?(笑)めっちゃ付いたよ?」
俊幸「悪い悪い悪い…」

夢「ねぇ!絶対、量違う。ちょっと待って(笑)下手すぎる(笑)」
俊幸「ハハハッ。ごめんごめん。最後まで付けていい?」

夢「うん、いいけど。絶対違う!ヤバくない!?」
俊幸「いや、めちゃめちゃいいよ」

すると俊幸は「ちょっと待って。この辺にまだ付いてる」と言って、塗りすぎたクリームを指で取ってあげます。夢は「ここだよ。ここ」と指をさすと、俊幸は一気に顔を近づけてくるのです…(怖)。

そして、なんと!その流れでキスしちゃったのですっ!!

それでも夢は嫌そうにしないのです…。

夢「ちょっと待って…(笑)えっ!?突然じゃない?」
俊幸「ちょっと何か…。めっちゃ潤ってんね」

夢「いや、潤ってるよ。付けたから」
俊幸「いや、いいよ。いつも以上にかわいいよ」

夢「あぁ…ありがとうございます」
俊幸「ちょっとね、付けすぎたわ。俺も今潤ってるもん」

夢「あっ本当に?分け合いっこしたねじゃあ」
俊幸「分け合いっこしたね。うん」

夢「ありがとうございます。うれしい」
俊幸「使って?」
夢「うん。めっちゃ使う」

そして二人は帰ろうと立ち上がると、今度は夢の方から「写真、撮りたくないです?」と誘います。
俊幸は嬉しそうに肩に手を回すと「もうちょい近寄って?」と言ってここぞとばかりに顔を密着させていました…。

ツーショット写真も撮れて、キスにも成功した俊幸は「いや、いい1年になったな」と満足げに話していました。

→ゆ、夢ちゃん…。嫌じゃなかったの!?やっぱり俊幸の事気に入ってるんでしょうねぇ…

嫌じゃないけど”好き”とはならない

その日の深夜11時。女子部屋で夢とビビがおしゃべりをしていると、花がトロフィーを持って帰って来ました。花は『果敢賞』という賞をもらったようで、賞金も獲得したと喜んでいます。

すると話題はすぐに夢と社長のドライブの話に。夢は社長にキスされたことを花とビビに報告します。

「クリスマスプレゼントにJO MALONEのリップくれて。めっちゃいい匂いのやつくれて。で、聞いて欲しい(笑)。何か…”付けてみてよ”って言われて、開けたのね?そしたら”俺が付ける”って言われて。社長が自分で自分の口に付けんのかと思ったら、こうやって(指で)塗られたのね?しかも(笑)すっごい大量に。だからココとかココとかにも付いて。”あっすごい量だな”(笑)。で…チューされた

すると花とビビは、口を開けてビックリして絶句します。そして静かにパチパチパチと拍手…。
夢が「えっ?拍手なの?」と聞くとビビは「あっいや…単純にリアクションに困った(笑)」と爆笑します。夢も「困るよね。夢も爆笑しちゃった」と言います。

すると花が「チューされて、どうでした?3つの単語で表すとしたら」と夢の感想を聞くと、夢は「ビックリした」「何だろう…イヤではない」「でも別に”あっ、好き”とはなんない」と答えていました。

→あぁ〜、やっぱり嫌じゃなかったんだ…。なんでしょう…このガッカリ感(汗)

一方、男子部屋では。さっそく社長がライバルの志遠に、夢とキスしたことを報告します。

俊幸「いやね…ちょっと事件が起きて」
志遠「えっ?何っすか?事件って。めちゃくちゃ気になる(笑)」

俊幸「まぁ、キスをしたっていう」
志遠「あっ、ドライブ?車で?」

俊幸「いや。ドライブした後、表参道で”チュッ”みたいな」
志遠「おおっ!相手の反応は?」

俊幸「驚いてたけど、でも拒否られてなかったっていう。めちゃめちゃよかったって話」
志遠「めちゃくちゃ羨ましい。いいなぁ〜」

俊幸「まぁ、楽しかったよね?」
志遠「キスしたってことは、もう好きってことですか?」

俊幸「うん…まぁ、好きだね」
志遠「おおっ。いける感じします?告白して」

俊幸「いける気はしてるね。気はしてる」
志遠「何パーセント?確率」

俊幸「70ぐらい」
志遠「おぉ〜」

→さすが社長!強気ですねぇ〜。もうこのまま突っ走っちゃって下さいっ

再び女子部屋のシーンに戻ります。今度は花と快の話で盛り上がります。
まず花は昨日、快に「気になる」と言われた事を報告し、それに対して「どういう事だと思う?」とビビと夢に相談します。

すると夢が「花ちゃんはさ、どう思ってんの?」と聞くと、花は「ありありのありあり…かな?みたいな」と嬉しそうに答えます。夢は「めちゃめちゃありじゃん(笑)それもう」と笑い、ビビも「いいじゃない」と嬉しそうです。

さらに花は「それこそ、社長と夢ちゃんみたいな、”チューしたらどんな気分になるんだろう”って考える」と今の率直な気持を打ち明けていました。

→花ちゃん、これはもう完璧に恋に落ちちゃいましたね

ビビのターゲットは志遠?

翌朝。ダイニングに花、快、志遠の三人がいました。志遠が「どうだったの?東京ドーム」と聞くと、花は「東京ドームがね?決まったの!」と嬉しそうに報告します。

それには快も志遠も「おめでとう!」と言って一緒に喜びます。花は年明けの1月4日に東京ドームでプロレスの試合をするのだそうです。

→えぇ〜!花ちゃん、凄すぎ!

さて、今日は年末ということで、みんなでテラスハウス内を大掃除。男女ペアに分かれて、いろんな場所をキレイにします。
花と快はプレイルームの掃除。俊幸と夢はクリスマスツリーを片付けたり、キッチン周りをキレイにします。
そしてビビと志遠がリビング周りを担当。するとビビが志遠といい感じの雰囲気になるのです。

ビビ「なんかね…掃除も志遠とでよかった」
志遠「何で?」

ビビ「分かんない。同じ本とか好きでさ(笑)静かに出来る」
志遠「それ趣味…(笑)」

ビビ「別に何も話さなくても気まずくないっていう。えっ気まずい?」
志遠「いや、全然」

ビビ「クリスマスの時とかさ、しゃべったじゃん?夜」
志遠「うんうん」

ビビ「そう。だから何かいい感じに…落ち着くっていう」
志遠「いい感じに落ち着く?」

→ビビちゃんはアピール?でも志遠くんが全然なのが…(汗)

一方、プレイルームでは快と花が仲良く掃除をしていました。花が「早く水族館行きたいな」と言うと、快は「水族館ね」と返します。

その日の夜10時。テラスハウスには俊幸と快の二人がいました。快はダイニングでスタンダップの原稿をブラッシュアップしていました。前回のライブが「チョイ受け」だったと言う快は、より良いものになるよう試行錯誤しているようです。

そんな快に俊幸は「スタンダップはさ?どういうモチベーションなの?金を稼ぎたいのか、それとも趣味としてやるのか…」と聞きます。それに対して快は「スタンダップ1本でやりたい」と即答します。でも今はまだ全然無理なようで「やっぱお金とか全然生まれないし、だから普通にバイトもしないといけないから、マジで嫌い(笑)」と笑います。

そして話題は花との話に。快は花との次の水族館デートを悩んでいるようで「このままだとまた行って、”楽しかったな”ってなっちゃいそうだから。そういうのってやっぱ自分から仕掛けないと何もなんない…」と言います。
すると俊幸が「一緒に行くとか?ダブルデート」と誘います。それには二人とも「ありだなそれ」「ありだと思う」と盛り上がり、「行くか?」「行こう行こう」と四人でのダブルデートが決定しました。

そして翌日の午前11時。6人全員がそれぞれの場所で過ごすために、一斉にテラスハウスを出て行きます。みんなはお互いハグしあってしばしの別れを惜しんでいました…。

快の坊主姿がイケメンだった

そして2020年も明けて、ビビ以外の5人で神社に初詣に向かいます。そしておみくじを引くとみんな「吉」か「小吉」…。
ちなみに俊幸のおみくじには縁談の欄に『何とかなりそうなのに、なかなか進展しない』と書かれているようでした。

ある日の深夜11時。ダイニングに男子三人がいました。実は今日、快のスタンダップのライブがあったらしいのですが、快はそのステージに立てなかったと言うのです…。
今日のステージは、初めてテラスハウスのメンバーが見に来てくれた阿佐ヶ谷のバーだったらしく、当時の「だだスベり」が頭をよぎり、トラウマのような状態に陥ってしまって、その場まで行ったにも関わらず、やれなかったというのです…。

なので快は「もうちょっとイカツイ考え方、思考になりたい。ちょっとほんわりしてると思うんだよね、自分。優しすぎるっていうか…」と言います。そして「だからこそ、坊主にしたい」とビックリ発言をしたのです…!
そしてキッチンには花が洗い物をしていました。花も「マジで坊主にすんの!?」と驚いています。

するとここで俊幸が「そういえば、花に話したの?あれは」と水族館ダブルデートの話をします。快が「まだ話してない」と言うと、俊幸は「おれもちょっとジョインしようかなと思って」と花に言います。
花は夢も入れたダブルデートだと知ると「オーケー!(笑)超ウケる。いいよ全然行こう」と快諾します。
しかもこのダブルデート、お泊りで行く計画のようで、それを知った花は「泊まりの水族館ってどういうこっちゃ」と笑っていました。

→ダブルデートでお泊りはちょっと重すぎる…

すると女子部屋からビビと夢が降りて来ました。ここで花が1月4日に行われた東京ドームでの試合の話をします。花は4万人以上の大観衆を前に試合をしたのだそうです。

↑の写真を見て、快も大興奮。花は「超いい経験になった。めっちゃ自信になった」と話していました。
そして今度は俊幸が夢を水族館ダブルデートに誘います。するとビビも乗ってきて、志遠を誘うのです。

俊幸「水族館に快と花が行くんだって。そこに”俺らもジョインしない?”って」
ビビ「あっ4人で?私たちも行かない?」
志遠「ハブられた(笑)」
俊幸「トリプルデート」

夢「どこの水族館?18日行ける。夢」
俊幸「あっ、行ける?18、19」
夢「うん。両方空いてる」

志遠「(ビビに)どっちが好き?水族館と動物園」
ビビ「あっ、でも両方好き。美術館が好きかも一番は」

志遠「いいじゃん。えっ?行こうよ美術館」
ビビ「行こう。好き?」

志遠「美術館好きだよ」
ビビ「行こう行こう」

→志遠くんとビビちゃん、なんとなく”趣味”は合いそうですね。恋愛となるとまだまだ分かりませんが…

そして翌日午前10時。プールサイドで快がバリカンを持ってスタンバイしていました。そこへ花がやって来て、快のロン毛にバリカンを入れてあげます。でも花は「え〜、でもロン毛似合ってたけどね」と残念そうです…。

その日の午後3時。社長は「オールブルー」という会社と打ち合わせをしていました。
競合が増えてきてるので、他社との差別化を図る意味でも広告にタレントさんを立ててみようという話をしていました。

花が快にメロメロ(笑)

夜10時半。女子部屋で花がビビと二人で快の話をしています。

「この間さ…花の気のせいかもしんないんだけどさ、お休みに入る前にさ”ハグしとこう”みたいな感じでハグしたじゃん?快くんにギュってされた時…。普通さ?ハグって軽くするじゃん?ギューッてされて、ギューッてなった(笑)ハハハッ」

ビビが「花はもう、本当に快のこと好き?」と聞くと、花は両手で顔を抑えてフフフッと照れながらも「そう…だね…」と肯定します。ビビが「じゃあ、付き合おう?って言われたら付き合う?」と聞くと、花は「付き合う」と即答していました。

その後、花はダイニングに降りていきます。そこには快と俊幸がいました。花は恥ずかしさからかフフフッ(笑)と笑いが止まりません(笑)。
快が「どうしたんすか?」と戸惑っていると、花は「ちょっとプレイルームで話さない?」と快を誘います。それでも花はずーっとハハハッ(笑)と笑っているので、あの俊幸でさえも「えっ?こわっ」と戸惑っています(笑)。

そしてプレイルームへとやって来た二人。ここで花はちょっと本音を漏らすのです。

「あのさ…水族館行こうってなってたじゃん?ダブルデートしよう?みたいな。全然行くのはいいし、花もダブルデートしたことないからダブルデートしてみたいっていう気持もあるんだけど、二人で行きたかった…」

→うん。花ちゃんの気持ち分かるっ!

快は「そうだね…」と返すと、花は「でも大丈夫。でも二人の時間も欲しい」と言います。それに対して快は…

快「二人の時間はあるでしょ?」
花「いつ?」

快「水族館行った後とか、部屋で会えるかもしれないし」
花「オーケー(笑)」

快「4人1部屋だったら何かゲームして、盛り上がって…そっからは…(笑)。分かんないけど。何があるか」
花「フフッ(笑)そんなに見ないで」

快「見ちゃダメなの?じゃあ一生見ない」
花「それは…ちょっと見て(笑)」

快「エロっ(笑)”ちょっと見て”(笑)。オーケー。じゃあたまに見る」
花「フフフッ(笑)」

快「じゃあ2人の時間作って、話して」
花「作ろう?」

そして快は明日、交通誘導のバイトの面接が入っていると言います。花は「頑張ってね!」と応援しつつ、花も明日から大阪と静岡に行くらしく、数日間帰って来られないと言います。

快「ワーオ!」
花「しばらく会えない」

快「夜、帰って来んの早い?」
花「9時ぐらい」

快「何か食べる?」
花「食べたい」

快「何か考えとくわ」
花「えっ?本当作ってくれるの?」

快「作る作る」
花「じゃあそのために頑張るね」

快「頑張って!」
花「それを楽しみに勝って来る」
快「おぉ〜!」

→もう花ちゃんの方が快くんを追い越して盛り上がっちゃってますね。快くんしっかりねっ!

俊幸の間接キスが…

翌朝10時。ダイニングに俊幸、夢、ビビ、志遠の四人がいました。

ビビはダイニングの横のスペースでヨガのような事をやっていて、志遠にも教えています。そんな二人をダイニングテーブルに座って俊幸と夢が見ているといった感じです。

そんな中、俊幸はキウイをスプーンですくって食べているのですが、一口自分が食べては、次の一口を夢の口の中に無言で入れてあげるのです。それを夢もパクリと頂きます。

夢「美味しい。キウイ好き」
俊幸「キウイ美味いよね」

この後、俊幸は水族館デートの話をするのですが、その話をしながら夢の口に自分と交互にキウイを入れるのです。

俊幸「水族館ありがとうね、調整」
夢「うん」

俊幸「いろいろ探してたんだけど、京都ありだなと思って」
夢「京都?京都?」

俊幸「京都。あり?」
夢「いや、ありだけど…」

俊幸「OK。京都行こう」
夢「えっ?京都に行くの?水族館?」

俊幸「京都の水族館。せっかくなら遠出しよっかな」
夢「いいね。泊まりだもんね」

俊幸「泊まりで。なんか町屋っていって、古い一軒家に泊まれるみたいな」
夢「へぇ〜」

→水族館デートと聞いて、”京都”とか”泊まり”とかは絶対にイメージできないです…

その後、夢の仕事のシーンが流れます。千葉の幕張メッセで行われたトヨタのイベントに出ていました。

疲れたからギュッってして?

そして数日後の夜9時。花が大阪&静岡の遠征から帰って来ました。
快は「ちょっと遅れましたけど、作ります」と言って、「ガパオライス」作りを始めます。花は「イエーイ!大好き」と嬉しそう。快の料理のために、花はお腹を空かして帰って来たのだそうです。

快は手際よく料理をします。慣れているっていう感じです。
そして30分後、快の特製ガパオライスの完成です。花は「うまっ!美味しい!」と言って、すぐに完食します。

花「今までさ、彼女とかにごはん作った?あるか?長かったもんね?」
快「3年付き合ってたからね」

花「結構作ってた?」
快「結構作ってた」

花「あっマジで?」
快「まぁ好きだし。料理」

花「そうなんだ。知らなかったんだけど。こんな美味しいごはん作れるの」
快「ありがとうございます」

食べ終わった食器は、快が「いいよ置いといて」と言うのですが、花が洗ってくれます。

快「ありがとうございます」
花「めっちゃおいしかった」

花「寝ますか…」
快「OK。また明日」

すると花は「ご飯作ってくれてありがとう」軽く快とハグをすると「疲れたからギュッてして?」と快におねだりします。
快も「えっ?疲れたらギュってすんの?」と照れながらもギュッとしてあげます。

花は「ハァ〜頑張ろう」と満足げです。二人は「また明日ね」とそれぞれの部屋へと戻って行くのでした。

→快くんがちょっとタジタジって感じでしたね(汗)

キスはして欲しくなかった…

夜7時。テラスハウスのキッチンに夢と志遠が二人きりで料理をしています。どうやら肉じゃがを作っているようです。二人分とは思えない量の具材を入れた鍋に、夢が目分量でグルテンフリーのお醤油を入れています。
二人は普段料理をしないとはいえ、夢ちゃんの方は特に料理に不慣れな感じはしません。そして肉じゃが以外にも、おみそ汁、ほうれん草と卵を炒めたものを作ります。

そして出来上がった料理を頂くと、普通に美味しく出来上がったようで、二人とも美味しそうに頂いていました。
するとここから、社長の話も絡めた、二人の恋愛の話になります。

志遠「今までの彼氏に、年下っているんですか?」
夢「いない。タメはいるけど。誰が一番よかった?第一印象で」

志遠「第一印象は夢さんっすよ」
夢「えっマジ?」

志遠「あります?第一印象」
夢「第一印象だったのは社長。だけどデートして…。えっ社長からさ、何か聞いた?」

志遠「えっ、聞きましたよ。デートした内容」
夢「”えー?”みたいな(笑)”展開はやっ”みたいな」

志遠「展開早いのがちょっと驚いて。付いてきてないってことですね、気持ちがまだ」
夢「何か、別にヤダったわけじゃないけど、夢の気持ちがさ…。別に好きって言ったわけじゃないじゃん?だから夢の気持ちが分からないけど(キスを)したってことじゃん?だから何かあんまり…夢の事をめっちゃ考えてくれたらしなかったと思うんだよね」

志遠「ほほう…」
夢「分かる?」

志遠「でも逆に言ったら、男らしい行動っていうのが引き寄せると思ったんじゃないですか?」
夢「あっ、そういうこと?え〜?男らしい行動なの?それ」

志遠「いや分かんない。それは夢さんがどう思うかですけど」
夢「まぁまぁ…まあね?イヤだったわけじゃないけど、別にして欲しくはなかった…って思う(笑)」

志遠「でも社長、結構満足げに…(笑)」
夢「ハハハッ(笑)話してた?」

志遠「”いい話ありますよ?”みたいな」
夢「何それ〜?」

志遠「今度、どっか行きましょうよ。じゃあ」
夢「行こう?」

志遠「どこがいいですか?」
夢「どこがいいかな?どこでもいいよ。考えて欲しい。むしろどこ行くか」

志遠「じゃあ、この22年間の最高のデートプランを考えろってことですね?」
夢「うん。フフッ」

→おおぉ〜。面白くなってきましたねぇ〜

テラスハウス 東京編2019 第36話を見終わっての感想

テラスハウス・東京編2019-2020の第36話のネタバレはいかがだったでしょうか?

最初はどうなることかと思いましたが、ちょっとずつ夢ちゃんが社長に対して疑念を抱くようになってきましたね。
よかったです…(汗)。

きっと夢ちゃんは本当に最初は社長がタイプというか一番印象が良かったんでしょうね。
でも、夢ちゃんに対する社長の態度が???と感じるようになったのでしょう。

ビンスイや腹筋まではかろうじてOKだったようですが、さすがに不意打ちのキスはなかったということで…。当たり前だと思います(笑)。

ま、でもそういうのが好きな女性は世の中にいらっしゃると思いますから、社長の行動が決してダメだとは思いませんけど、やっぱりああいったことをやって許される人ってほんの一握りの男性だけだと思うんです。

あと、京都へのダブルデートですよ…。
まだお付き合いしてないのに、東京からわざわざお泊りで水族館にダブルデートって…。私だったらイヤかな…。

花ちゃんはもう快くんのこと大好きだからまだいいかもしれませんが、夢ちゃんはどうなんだろ…。
でも社長の中では「夢は俺に気がある!」くらいに思ってるでしょうから、当然といえば当然か…。
一応夢ちゃんにも「京都あり?」と事前に聞いてますからね。夢ちゃんはOKしたということは、やっぱりそんなに社長の事イヤだと思ってないということなのでしょうか…。

とにかく私が思っているほど夢ちゃんは社長の事を嫌がっていないようなので、今後もそこは見守って行きたいと思います。

あとは快くんが花ちゃんにどう接するかですよね。
なんかもうすっかり立場が逆転したような感じになってしまって、花ちゃんの方がグイグイ行ってますからね。快くんが花ちゃんの好き好き行動にきちんと応えてあげられれば、京都でキスもあるかもしれませんね。

いや〜、京都へのお泊りダブルデート。どうなっちゃうのでしょう…(汗)。

【3月23日追記】次回の予告動画はこちら!

↓社長のキスと快くんの涙が気になる!

以上で、テラスハウス 東京編2019-2020の第36話目のネタバレ・感想を終わります。次回は、一週お休みを挟んで、2020年3月23日(月)深夜24時〜の配信です【確定】。お楽しみに〜♪
いつもありがとうございます。

あいのりネタバレブログやってま〜す♪
→【あいのりネタバレブログ】←

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
今だけ!888円コースが2週間無料のキャンペーン中!
フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】
スポンサードリンク


COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By どっち

    サクッと卒業してほしいのは、ビビもですね。
    これ以上見ていられないです、辛くって。
    りょうはもう卒業しちゃってるんだし。
    その相手とまだうだうだしてるのは、結局ビビからの話しか聞けないわけだし
    こっちとしてもイラっとしてきますね。

    社長に関しては、しばらく面白いけど・・・
    だんだん、フリークを見るようで・・そして、その人を笑う人達を見せられてて、
    なんだかなぁという気分になりそうです。

    夢は、宣伝活動の一環だと思うので、そんなに嫌なそぶりや生意気な言動は見せないんじゃないでしょうか。
    ひたすら、優しく接するのではと思いますね。

    それにしても・・・
    この頃はコロナもなくて平和だったんだなぁって・・感慨深かったです。
    オープニングで映されるオリンピック会場も、今やどうするんだろうって心配しちゃいますね。

    少し前は当たり前だった、みんなで打ち上げとか、
    ライブに行くとか、お花見するとか、ジムで汗を流すとかが、制限されてしまってるんですから

    • By terracehouse-fun

      どっちさん。いつもコメントありがとうございますm(__)m。感謝です!
      返信遅くなってしまって申し訳ないです(汗)
      >サクッと卒業してほしいのは、ビビもですね。
      確かにそうですよねぇ…。
      新メンバーの人たちも戸惑ってましたよね…。どうするんだろう的な。
      煮え切らない態度の凌くんも悪い気がしますが…。
      でも未公開動画で「みんなと向き合いたい」みたいな事言ってたので、そこは注目したいと思ってます。

      社長は、確かに私も一周した後が心配だなぁとは思います。
      一通り社長の気持ち悪さを見て慣れてきたら…。どっちさんがおっしゃるような展開になる気がします。
      夢ちゃんも、意外とネット界隈では有名な人みたいなので、なかなか素を出しづらいところもあるかもしれませんしね。
      ちょっと全部を受け入れ過ぎてて大丈夫?と心配になったりもします。

      我が家もコロナウイルス本当に困ってます(汗)
      遊びに行くところも制限させられちゃって、子どもたちもストレス溜るし、親もイライラ…。
      仕方ないんですけど、どうにかしてぇ〜!と叫びたくなる時あります(笑)

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)