リモートワーク従業員の安全を確保するためのヒント

2020年以降、世界情勢が急激に変わり、さまざまな国や地域でリモートワークが普及されました。日本も在宅ワークを推進している国の一つで、周囲を見渡せば、想像以上の人々が在宅勤務をしていることに気づきます。

 

周知のとおり、リモートワークとは会社のオフィスではなく自宅で仕事をすること。さらに、リモートワークのコンセプトは、従業員毎日特定の場所に通勤する事無く日常事務やプロジェクトを遂行できることです。現代では当たり前となったリモートワークは世界中で様々な分野で活躍していますが、ネット環境の安全対策としては、VPNやアンチウイルスソフトの仕様など対策が必要です。ここでは、リモートワーク従業員の安全を確保する為にどんなことが求められるのか?理由を踏まえながらご説明します。

VPNを利用して外部からのサイバー攻撃を回避する

 

リモートで仕事をするということは、自宅から特定の会社のネットワークに接続することになるのですが、実はこの行為は悪質なハッカーが簡単にこのネットワークにアクセス出来るバックドアを作ってしまいます。これは会社の大事なデータや資料のロスや盗難に繋がることもあり、とても危険な行為です。安全にリモートワークをするには最適なVPNを使いアクセスの暗号化方式を強化することが推奨されています。むしろ、職場から離れた場所で仕事を行うリモートワーカーに対して、企業はマストでVPNの導入をしてもらう傾向にあります。

 

VPNは自宅で使える簡単なソフトウェアです。サイバーセキュリティやウイルス対策、そしてプライバシーを守ってくれるので会社にも、自身にも事務をこなす際に必要です。もちろん、会社の資料や自身のIDを守るために最適な方法だとも言えます。

 

レポートによると、サイバー攻撃が招いた世界中の会社の被害額は年間約15億ドルと指定されています。そして、この被害額は増加に一方であり、世界中の会社はそれに対抗できる対策を練るにあたって、日に日にサイバーセキュリティを強化しています。このような攻撃は犯罪行為であり、世界のどこの会社の従業員でも被害者になりえます。VPNはフィッシングをはじめ色々なサイバー攻撃をブロックし、データが保障されるため、安心なのです。

 

実際、日本を代表するような大企業でもランサムウェアの被害をはじめ、インターネットに関連した問題は後を絶ちません。企業で働く従業員なら、社外秘を扱ったり、顧客の大切な情報を管理したりしますので、こういった仕事環境ではより一層、インターネット通信の安全とセキュリティ対策は重要だと考えられます。

 

アンチウイルス機能をアップデートする

Pixabay

 

アンチウイルスはパソコンやタブレット、スマホといった端末では当然のごとくインストールされていると思います。しかし、リモートワークで大切なのは最新のモデルにアップデートしているかどうかです。

 

ハッキングやフィッシング詐欺といった悪意ある行為は、少し前まで利用されていたアンチウィルスの急所をすでに研究しています。つまり、アンチウィルスを突破できる技術や手段をすでに身に着けているということです。そうなると、やはり最新のアンチウィルスを搭載するのは不可欠になります。

 

企業でパソコンを配布してもらえる場合もありますが、アンチウィルスソフトが最新のもので、すでにインストールされているかを確認してください。また、定期的なメッセージやソフトのアップデート情報なども忘れずにチェックするようにしましょう。

リモート従業員としてネットワークの安全性を理解する

 

サイバーセキュリティーの危険、特にフィッシングが広がっています。多くの被害者が世界中で出ている中、会社内の従業員がリモートワークをする際に、自身のセキュリティーの安全保障は優先するべきです。そこで、VPNの使用が一番簡単で安全が保障されるでしょう。

 

ほとんどの会社では、ITチームがオフィス内のサイバーセキュリティを管理してくれますが、自宅にいる従業員は身近にいないので、自身が注意を図らないといけないので少しサイバーセキュリティが衰えているのではないでしょうか?一般人からしたら、サイバーセキュリティの知識がないのかもしれません。そんな従業員におすすめなのはVPNです。会社にいるITチームの様に、セキュリティの安全を保障してくれます。

 

レポートによると、56%のグローバルの会社はリモートワークを活用しており、16%が完全にリモートで回っています。さらに、年齢22から65の従業員の中でなんと約62%が時々リモートワークをしていると回答しています。

 

数々のメリットがあるとても便利なリモートワークの仕組みですが、自身をサイバーセキュリティのリスクに晒す事にもなります。そのため、リモートワークで仕事をしている従業員の安全を守る事はとても重要です。そして、リモートワーカーとして、ネット通信の安全性がいかに大切か?ということも理解しておくべきでしょう。ネット環境へのリスクにも意識を向けて、最悪のシナリオを招く前の安全対策をしておくことをおすすめします。

 

まとめ

リモート従業員の安全を守るには、仕事環境を整えることと併せて、インターネットの安全性を確保することが重要です。具体的にはVPNの搭載とアンチウィルスソフトのアップグレードになりますが、それ以上にネット環境を安全に保つことがリモートワーカーとしての責任でもあることを理解しておきましょう。

See also  メタの概要:オンライン取引のキャリアをアップしたいすべての人のために、我々は暗号市場の種類の一つであるBitiCodes AI自動取引プラットフォームを紹介します
Like this post? Please share to your friends:
terracehouse-fun.net
Leave a Reply

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: