テラスハウス 軽井沢【5話】ネタバレ!みずきが号泣!理由はまた雄大!

テラスハウス 軽井沢【5話】ネタバレ!みずきが号泣!理由はまた雄大!

【見逃したテラスハウス視聴が7日間無料】
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
 ↓
フジテレビ公式動画配信サービス【FOD】へ

こんばんは。
ここでは、テラスハウスの軽井沢編【第5話】を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

さて、先週は雄大が安未を号泣させてしまうという事件が起こりました。しかし、それは雄大が悪いというよりも、自分の夢に向かって行動していなかった安未が悪かったと安未も納得しています。そして、二人は今後、旧軽井沢でデートすることになりました。
さらに、つばさと至恩が足湯デートに行くことも決まっています。二組のカップルのデートは一体どんな感じになるのでしょうか??
そして、第5話の今週は雄大を理由に、今度はみずきが号泣することになってしまいます…。これには私もイライラが止まりません(笑)。

ではさっそく、テラスハウス 軽井沢編の第5話の感想(ネタバレあり)行ってみましょう♪

テラスハウス 軽井沢編 第5話のネタバレ

※ここからは、『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』の「シーズン1-5(Cocky Kid)」のネタバレを含みます。ご注意下さい。

さて、テラスハウスの軽井沢編・第5話(ネタバレ)は、みずきが昨日行ったアウトレットでの雄大の様子を、孝之にグチるシーンからです。
今日のみずきは「六本缶買うのやめよう。あると飲んじゃう」と、だいぶお酒が入っているご様子…。つばさが「お先に〜」と先に寝てしまい、キッチンには孝之とみずきの二人きりです。
どうやらつばさは、雄大に説教したくてたまらないようです。
孝之は雄大と語り合って一緒に風呂にも入った仲ですから、雄大のダメさ加減を知りつつも何とか手助けしてあげたい様子。成長の速度は人それぞれだから、押し付けちゃいけないんだよ、などと話しています。

みずきがアウトレットでの雄大にイライラ

今日、みずきが雄大とかと一緒にアウトレットに行った際、雄大がハイブランドを見たいと言ったそうなのです。しかも雄大は買うかどうか迷っていたといいます。
みずきは「そういうのを買うなら、自分の稼いだお金で買え!」と言うのですが、「いや、パピー(父)のカードっしょ!」と雄大は聞かないのだそうです。みずきとしてはそれがあり得ないとご立腹なのです。十何万円もするブランド品をまだ19歳の子が、親のカードを切って買う感覚がわからないといいます。それには孝之も「俺も分かんないわ」と同意します。

「所持金2,000円しかないのに、グッチ見たいだとかブルガリ見たいとか言うのがわかんない!もう超イライラして、コイツ何なんだよ、舐め腐ってんなって思った(笑)」

お酒が入っているのもあってか、みずきは相当ご立腹でした…(汗)。

雄大とみずきが大口論!平行線のまま…

まだ続きます(笑)。
孝之がトイレに立ったついでに、雄大と至恩をキッチンに連れて来ます。実は雄大のこと怒っているみずきの声が廊下まで聞こえていたのだそうです。何か悪いことをしていたのだとすれば、話して欲しいと雄大は言います。

「個人の考えの違いだから何も言えないんだけど…」と前置きしてみずきが優しく喋りだします。
まず「パピーのカードをきって、ブランド品を買うのが分かんなかった」とみずき。
すると雄大は「あ、それは後々返すよ全部」と言います。しかしみずきは「欲しい→カードきっちゃお→後で返す。というのが分かんない」と続けます。「俺ん中でちゃんと計算はしてるよ全部。いつまでにどれ位お金入って、だったら返せる予算だなっていう」と雄大が答えます。「”返す”んじゃなくて、まず自分で払う考えはしないの?」と徐々にみずきがヒートアップしてきます。雄大も「お金の都合があるじゃん。だからみんなクレジットカード使うわけじゃん」と食い下がります。

私はもうイライラがマックスです(笑)。

「買うんだったら、自分で最初から買えばよくない?なんでいちいちお父さんに肩代わりしてもらって後から返すの?自分で返せるなら最初から買えばいいじゃん」とみずき。雄大は「その時々で違うじゃん。例えば季節モノとか、この日までしかセールやってないとか…」と言うとみずきは遮るように「だからダメなんだってばー!」と口論勃発です。

雄大「なんで?最終的に返せばよくない?」
みずき「人に肩代わりしてもらって買うぐらいだったら、買わなきゃいい!」
雄大「だから何日までに返すよって言ってるからちゃんと。自分でクレジットカードきってる感覚と一緒だよ」
みずき「だったら自分のクレジットカードできれよ!って思っちゃうの」

すると徐々に、雄大の軽井沢(テラスハウス)での生活の話になります。
もう私もイライラが止まりません。まだ分からない雄大って、ちょっとヤバいと思うのですが…。

みずき「じゃ軽井沢で今なにやってんの?これからバイトします、自分が目指してる”食の道”よりも、”欲しい”って思っちゃうんだったら…」
雄大「違う違う違う。だから料理は目指してるよ。夢は夢だよ。毎日努力はしてるよちゃんと。だけどさ趣味の部分と料理の部分はまた別じゃん」
みずき「趣味削ってでも料理には活かさない??」
雄大「何が?料理のことは自分なりにMAXでやってきたつもりだから」
みずき「それで今なんだ」
雄大「何が?」
みずき「(キッチンを指差しながら)今これなんだって言われて、なんて言えんの?」
雄大「いやいや、全部見てないのに言えないでしょ?」
みずき「じゃ、全部いつ見せてくれんの!いつ見せてくれんの?」
雄大「いやいや…(苦笑い)」

そこで、同席していた至恩が「ちょっと話がこじれてる」と仲裁に入ります。
至恩自身もみずき側だと話した上で「お金の話は雄大とお父さんが決めたことだし、料理のことと関連付けてまで雄大を責めるのはちょっと可愛そうだ」と言います。
でもみずきは「自分が恥ずかしくないならいいよ!私は恥ずかしくて親のカードは使えない」と引き下がりません。
雄大も「一人一人違う価値観についてさ、自分の意見押し付けて、それを悪く言うのはよくないと思う」と言います。

みずき「だってやだもん。親のお金を返せるからって使うのやだもん」
雄大「当たり前のようにバンバン使ってるわけじゃないから。ちゃんと相談して、今、たまたま現金がないからっていう話だから」
みずき「親か…ってなっちゃう!」
雄大「だから頼らないように自立したいって言ってたわけじゃん」
みずき「でも自立したい?どうしたいの!?自立したいの?親のスネかじりたいの?何なの?分かんなくなっちゃったの!だからすごいイライラしたわけ。アウトレット行くまで”お金ない。仕事しなきゃ”って言いながらも、親のカードをハイブランドできっちゃおうかな?悩んでんだよねって言っちゃったらさ、分かんなくなっちゃうじゃん、えっ?どっちなの!」
雄大「悩んでないんだよね。欲しい物は欲しいじゃん」
みずき「それを親に頼るの?」
雄大「頼るっつうか、名義が親なだけだから」
みずき「自分に変えろって言ってんじゃん!」
雄大「全然理解できないな…」

このままでは埒が明かないと判断したみずきは「いいよごめん。踏み込みすぎた」と席を外します。

みずきが号泣するも響いて無さそうな雄大

ここで、見かねた孝之が仲裁に入ります。

「雄大、俺らから見ると今仕事無いわけじゃん。で、バイト面接までこぎつけて次の給料出るまでホントかつかつで。心配みたいな気持ちがあるんだよね。俺達は期待してるところがあるから雄大に。夢に向かって一生懸命な姿を見たいという期待が…。贅沢する姿は見たくないんだよね…。う〜ん、そういう気持ちは分かってくれる?」

頷く雄大。
孝之の隣で涙を流すみずき。「悪気はない、ホントに」と言います。
「でもまぁ、俺には俺の価値観があって、それとみずきの意見を自分の中で俺も検討したいから」と雄大。まだ言うかって感じです(笑)。
価値観とか言い出したら、もう自立はムリだと思ってしまいました…。

「みずきのアドバイスは絶対雄大のためになってるから。今はなってない”かも”しれないけど、のちのち絶対理解してくれるから」

こう貴之が慰めると、みずきが子供のようにわ〜んと泣き出してしまいます。みずきの気持ち、ホントに良くわかります。
一方の雄大は平然とした表情です。
孝之が「心配してくれてるのは分かるでしょ?」と聞くとウンウンと頷く雄大。響かない人には何を言ってもダメな気がします。男性陣二人、ちょっと優しすぎると思うのですが…。
みずきみたいな存在がまだいるだけ雄大は幸せだと思います。

※この続きが未公開映像として↓公開されています
>テラスハウス 軽井沢の未公開動画 5話 みずきが雄大に説教の続きが…

雄大が「明日はキッチンにこもる」と宣言

貴之が雄大と今年初滑りに行った日の夜。深夜0時過ぎ。メンバー六人全員がリビングに集まっています。雄大はまだバイトの面接の結果が来ていないそうです。コレって不採用の場合は連絡しませんってパターンのヤツじゃないですかね!?

至恩が「雄大はどうだったんスか?”俺マジちょー滑れるっす”っていう位滑れてました?」とスノボーの質問をすると貴之がふざけて雄大のマネをして答えます。それがみんなに大ウケです(笑)。
すると安未に笑われたのが嫌だったのか雄大が「安未大好きだよね、そういうの」と言います。安未が「貴さんが面白いから。似てるし、ちゃんとウザいから」というと、持っていたパンダのぬいぐるみを安未の顔に軽く投げつけたのです。イラッとした安未がそれを床に放り投げます。雄大は「おいっ。俺の大事なヤツを今日は何回投げる」と言いながらぬいぐるみを拾います。安未の隣に座っていたみずきも苦笑いです。

そして、貴之が「明日家にいる人、誰か商品の梱包作業手伝ってくれないかな?」と聞きます。すると雄大が「明日、キッチンに引きこもります!」と宣言します。ちょっと質問の答えになっていないのですが(笑)、いろいろとレシピを考えていたらしく、明日は一日中、キッチンにこもってひたすら作るそうです。

そして貴之の手伝いに安未が手伝ってもいいよと手をあげます。雄大はちょっと驚いた表情をしていました。
その後、そろそろ寝よっかということで、安未と雄大以外は部屋に戻ります。貴之が帰り際に「じゃ、よろしく。ご飯(笑)」と雄大に言うと「明日ずっと作ってるんで」と言っていました。果たしてどうなるのでしょうか??

安未が雄大とのデートをバッサリ断る!

リビングで二人きりになった安未と雄大。
安未がおもむろに「質問」とボソッと口を開きます。「料理好きって言ってるじゃん。ふだん料理しないのはなんで?」と。
雄大はテラスハウスではみんなが料理しているのを見ているだけで、やらないのだそうです。その理由はというと、雄大は毎日料理の勉強をしている、料理の勉強をしていない人たちに、いろいろと言われるのが嫌だからなのだそうです。
すると安未は「料理の勉強ってなに?」と聞きます。「素材の見極めと、火の入れ方とか、どういう風にしたら素材がもっと美味しく生きるかみたいな」と雄大。それらの知識を集めているようです。
安未はふ〜んみたいな表情を浮かべていました。

そして雄大が「今週、暇な日とかある?日曜暇だったらこの前言った遊び行こうよ」と誘います。安未が「旧軽井沢?何しに行くの?」と言うと、「食べ歩き。ダメ?」と雄大。すると「なんで安未なの?」と核心に迫ります。雄大は「だってまだ行ってないでしょ?旧軽。けっこう雰囲気はいいらしいよ」と答えになっていません。
そしてここで、安未がバッサリとデートを断ったのです。

「私イルミネーションとか、花火とか、紅葉とか、クソほど興味ない」

安未は”遊園地に行こう”とかがいいと言います。目的をはっきりして欲しいそうです。
実は雄大は紅葉を見に行きたかったらしく、それを知った安未は「あぶねー」と言っていました。そしてボソッと「興味ない」と一言。
安未は”怒ってる?”って思うくらい終始無表情だったので、ちょっと怖かったです(笑)。

最後に雄大が「もうちょい、ガキから大人に成長したい。ガキだと思ってるでしょ?」と聞くと「うん。めっちゃ思ってる」と安未。安未はみずきが号泣したことを知っているようで「普通にイキんなきゃいいじゃん」と言います。雄大が「イキってるわけじゃない」と否定するも安未は「全然いきってるよ。めちゃめちゃイキってんじゃん」と言います(もっと言えー)。それがなくなったら(みずきを)苛つかせないと思うけどと言っていました。雄大はボソッと「OK」と言うのがやっとのようでした。

雄大は案の定、キッチンにおらず…

翌朝11時。テラスハウスの外の倉庫みたいな所で、一人梱包作業をする貴之の姿が。
そこへ「お早うございます。お手伝いさせて下さい」と安未がやって来ます。
貴之が「雄大クンは起きてた?」と聞くと「キッチンきれいだった」と安未。そこで雄大がまだ熟睡しているシーンが映し出されます。やっぱりな、と思った人も多いハズ(笑)。
ちょっと今週は、雄大のダメさ加減がハンパないですね…。

安未が貴之に人生相談

貴之の商品の発送準備を手伝う安未。「時給、牛乳一本でいいよ」と言います。「なんて良心的な従業員なんだ」と貴之が冗談を言うと「じゃあ、コレ(スノボー)で行くって事に決めた理由を話して」と、珍しく安未がいろんな質問を投げかけるのです。「20歳位の時は、バイトとスノボー?20代半ばまで、何してたの?その時の収入源は?」と。安未も「やりたいって、就職したいって思うような仕事がなくて…」と、将来のことをだいぶ悩んでいるようです。
安未は四年生の大学に通っていて、普通に卒業できるように単位も取って来てるし、かといって芸能の仕事をしたいって100%思えないといいます。

すると貴之は「あまり押しつけられるのもイヤだよね。例えば25歳とかで就職するのも全然遅くないと思うし。道っていっぱいあると思うから、今でさえ俺も違う可能性があれば、そっちに行ってもいいと思ってるし」とアドバイスします。

「なんでもさ、8分目?80%の力でやるのがいいと思うんだよね」

と言います。「100%の力でずーっとやるのって疲れるから、でもずーっと8割の力でやってれば、結構いいとこまで行けると思わない?甘いかな?」と貴之。安未は「甘くない」と言っていました。
昨日の雄大のときの無表情の安未とは違って、この時は笑顔が見られました。
何かのキッカケになるといいですね。

至恩とつばさが足湯に。もしかして!?

ある日の10:30。
至恩とつばさが車に乗って草津温泉へ足湯に出発です。
行きの車内では「いつも雄大、至恩、みずき、安未の四人が一緒に居ることが多くて、仕事があるからとはいえ、ちょっと寂しい気持ちはあった」とつばさが至恩に打ち明けていました。至恩は「そうだと思った(笑)」とおどけて笑いを誘います。
今回のデート、単純にそういったつばさを気にかけて誘ったのか、女性として意識して誘ったのか、ここまではイマイチよく分かりませんが…。

午後2:30。草津温泉に到着します。町には硫黄の匂いが漂っています。
あいにくの小雨模様ですが、情緒ある雰囲気の町並みです。
さっそく足湯に浸かる二人。「ちょーホッコリ!」と気持ちよさそうです♪

すると至恩が「つばさは、もともとそんなに素を見せないタイプなの?」と質問します。つばさが「もともと、恥ずかしがり屋なのか…」と言うと、「たまに顔真っ赤にしてるときとかあるよね〜」と至恩がからかいます(笑)。そして「ああいうつばさをもっと全面に出していいんじゃない?恥ずかしそうにしてるとこ、かわいいよ」と言ったのです!!
つばさは「ははは(笑)。絶対思ってない(笑)絶対思ってない(笑)」と笑ってごまかします。
でも、徐々につばさが心を開いてくれることを、俺は待ってるよと言う至恩。でもつばさは「わりと素だよ。ホントに」と笑顔を見せていました。
つばさは分かりませんが、至恩はもしかすると、もしかするかもしれません。

貴之が安未を「気にはなってんのかなぁ…」

その日の夜8時30分。
一人キッチンでタブレットを触っているつばさのところに、風呂上がりの貴之がやってきます。「足湯楽しかった?」と聞くと「楽しかった。足湯ちょ〜〜よかった!」とつばさ。
「至恩どうだった?」と聞かれると、つばさは「すごくリードしてくれてよかった。気楽でいられるっていうか」と好印象です。

逆につばさが「貴さん、そういうのないんですか?気になるなって子もいないんですか?」と貴之に質問します。ここでまた安未の名前が。「まぁ、安未はかわいいなって思うけどねぇ〜。でも妹みたいな、かわいいな〜みたいな感じになるよね〜。でも、気にはなってんのかなぁ…、どうだろうねぇ〜」と煮え切らない感じでした。
まだ見た目がかわいいだけで、異性として意識するまでにはなっていないようですね。

テラスハウス 軽井沢編 第5話を見終わっての感想

テラスハウスの軽井沢編の第5話(ネタバレ)はいかがだったでしょうか?

いや今週の5話は、ホントに雄大にイライラしました。
前にも書いたかもしれないのですが、雄大ってうちの中1の息子と言ってることがそっくりなんですよね。全然話が噛み合わないし、能力ないくせにプライドだけ高くて、人の言うことが全く響かないっていう…。うちの息子が19歳にもなって、まだあんな感じだったらどうしようって思ってしまいました(笑)。
みずきも親身になって説教してあげてるのに、おそらくもう彼女は雄大に助言はしないでしょうね。
逆に安未がバッサリ言ってくれたので、見ていてスッキリしました。

あと、つばさですが、これは私だけかもしれませんが、意外と貴之に気があるのかな?って思ってしまいます。気のせいかもしれませんが。なんとなく至恩ではなく貴之かなって…。
逆に貴之は、安未のルックスが可愛すぎるんでしょうね(笑)。今まで出会ったことのない位の美女が毎日チラチラ目に入れば、流石に気をとられてしまうのかもしれません。この関係も見ものですね♪

以上で、テラスハウス 軽井沢編の第5話目の感想(ネタバレあり)を終わります。次回は1月29日(月)深夜の配信予定です。お楽しみに♪

あいのりネタバレブログやってま〜す♪
→【あいのりネタバレブログ】←

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】
スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)