テラスハウス 軽井沢 34話の山チャンネル「やってくれたな!テラスハウス」

テラスハウス 軽井沢 34話の山チャンネル「やってくれたな!テラスハウス」

【見逃したテラスハウス視聴が7日間無料】
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
 ↓
フジテレビ公式動画配信サービス【FOD】へ


こんばんは。

今回は、テラスハウス 軽井沢第34話を”山ちゃん”こと南海キャンディーズの山里亮太さんが独自の切り口で解説する『山チャンネル(軽井沢編) Vol.34』をご紹介したいと思います。
「本編よりも山チャンネルの方が面白い!」という声もたくさんあるこの山チャンネル。今日はどんな毒舌が炸裂するのでしょうか(笑)。

ではさっそく、テラスハウス 軽井沢 34話を山ちゃんが解説!「ついに、映しちゃいけないものを映しました。」をご笑覧ください♪

テラスハウス 軽井沢 34話の山チャンネルをどうぞ

軽井沢編・第34話の山チャンネルですが、開始早々「テラスハウススタッフ vs 山里亮太」が勃発します。

「やってくれたな!テラスハウスと…」
「俺はみんなの事仲間だと思ってずっとしゃべって来ましたけどねぇ」
「あのシーンを今回ブチ込んでくるとは思いませんでしたよ…」
「山里の心の中に小さな種を植えてきたんですよ皆さんが…。”罪悪感”というね」
「俺に一番植え付けちゃいけない種を植え付けやがったんですよ!テラスハウスチームが」
「俺はずっとね、鏡のない城で過ごしてきたモンスターだったんですよ」
「このモンスターに鏡バーンッって見せてきて”こんなに醜いんだぞっ!”ってまさかこのチームから言われると思いませんでした」

今回、山ちゃんはなぜこんなにもテラスハウススタッフに怒っているのでしょうか。
では、さっそくテラスハウス 軽井沢第34話の山チャンネルをどうぞ。

いかがだったでしょうか?

動画を見られない方のために、ざっくりこんな事をしゃべってました!というのを簡単にまとめました。
最近ずーっと下ネタばっかりでしたが、今回は全くなくてよかったです(笑)。

テラスハウス 軽井沢 34話の山チャンネルをざっくり振り返る

◆聖南さんとノア君が卒業していくシーン
→おめでとうございます。二人、ねっ。末永くお幸せに〜。

◆貴之さん。寮長がテラスハウスを卒業することについて
→これはしょうがないですよ。これがリアリティーショーってやつですから。
→”プロとしてどうなんだ?”って怒っている自分が”プロとしてどうなんだ?”と反省してます。
→リアリティーショーを見せているという、むしろいい証拠になるわけでしょ
→でもいろいろ論理立てて自分を説得させてますけど、まっ気持ちは一つですよ”クソつまんねぇな”ってだけですよ!

◆貴之の告白シーンについて
→「告白シーンはいりませんよ」って再三言ったんですよ
→貴之が告白をするシーンを見てる時、心が本当に無だったのよ「母方の親戚の友達の子供の運動会のビデオ見てる感じ?」

◆貴之の卒業パーティーのシーン
→一番いらないシーン
→今回俺はテラスハウスチームの手のひらで踊らされすぎているんですよ。あんた達の手のひらというダンスホールは踊りやすいねっ
→”最高だよっ!さすがだよっ!”って思わせといて”なんだよっそっちかい!!”って。それが↓のシーン
→寮長の卒業パーティーの最中に”ピンポ~ン”って。卒業パーティーという主役の所に新メンバーをブチ込んで、主役の座を強引に変えてしまう。”これは見せるねぇ〜テラスハウス”と思って、ガチャってドアが開いたら卒業メンバーが集まるっていう一番つまんないパターン。

◆翔平、至恩、つばさが登場したシーン
→みんな”アベンジャーズが来たぜ”みたいな顔してんのよ
→”俺たちが揃って、超お得な回の始まりだぜっ”みたいな空気感で来てるけども、俺からすれば”エキストラだけのシーンこんな長く見なきゃダメ?”っていう。
→エキストラの控室に定点カメラブチ込んだ映像を見て、何が楽しい!?あのメンバーの近況に誰が興味あるんですか!?
→お経を聞いてるみたいでした僕は。木魚奏でたら単なるお経ですよ、あんなもんは。

◆一気に新メンバーが三人入って若返りそう
→これギャンブルなんですよね。若い人だけが揃うと毎日大学生のバーベキュー見せられてる感じになるっていう怖さもあるんですよね

◆優衣ちゃんがテラスハウスの放送を見ているシーンに山ちゃんも出ていた件
→ついにテラスハウスは映しちゃいけないものを映しました。それは、この山里が喋っているシーンを見てる本人達の映像です
→俺が、歌うように悪態を吐いてるんですよ
→また、嫌らしいくらい俺のところばっかりなんですっ
→いや〜”アレを見せるってどういう事なんですかテラスハウススタッフ”と俺は言いたい。”さらに火が付いちゃったじゃねぇか”と。

テラスハウス 軽井沢第34話の山チャンネルを見た感想

軽井沢編・34話の山チャンネルはいかがだったでしょうか。

本編での山ちゃんもそうだったんですけど、こういう事あんまり書かないほうがいいのかもしれませんけど、”やっぱり山ちゃんって優しいんだな”って思いました(笑)。
当たり前ですけど、これが山ちゃんのお仕事ですからね。
山ちゃんって、確かに元々ちょっとひねくれた性格ではあったんだと思いますけど、やっぱりかなり無理してるんだろうなというのをヒシヒシと感じました。
本編でも自分のシーンを見終わって「あ〜、ドキドキした。ドキドキしたぁ〜」って言ってましたし。私たちからしたらいつもの山ちゃんを見てるのでなんとも思わなかったんですけど、やってる本人からするとこれが本心なんだろうなと。

でもいくらお仕事とは言え、自分がディスって、それを見たテラスハウスメンバーが涙するシーンを見せられると、やっぱり考えさせられることはありますよね。
スタジオメンバーが「山ちゃんは悪くない。みんなもそう思ってたから」ってフォローしてくれて、少しは救われたのではないでしょうか。

これに懲りずにこれからも今までのスタンスを崩さず頑張って欲しいなと思いました。

以上、テラスハウス 軽井沢編34話を山ちゃんが解説する山チャンネルでした。
いつもありがとうございます。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】
スポンサードリンク


コメント0

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)