新テラスハウス【44話】ネタバレと感想!速人が大炎上&アーマン告白

新テラスハウス【44話】ネタバレと感想!速人が大炎上&アーマン告白

こんばんは。
今回は、新テラスハウスの第44話目を見た感想とネタバレを書いてみたいと思います。

いやー、先週のテラスハウスはビックリしましたね。まさかまさか、速人と理子がすでにキスまでして、速人のベッドでたまに一緒に寝ていたりもしていたとは…。そして、それを私たち視聴者に全くその素振りを見せなかった所がまた驚きです。理子は「徐々に恋愛していきたいからまだ手は繋がなくていい」みたいなことを話していたり、速人もりこぴんに対して「チューしたいとか思わない」って言ってたのは何だったのでしょうか…。とにかく!今週のテラスハウス44話で知りたいのは、なぜ速人と理子がそのような隠し事をしていたのか?ということですよね。

さて、もう一つ忘れてはならないのがアーマンとマーサの恋の行方です。先週はあまりにもショッキングな事件が起きてないがしろにされていましたが(笑)、何気にこの二人も徐々にいい感じになってきています。というかマーサが徐々にアーマンに仕方なく?傾き始めたっていう感じですかね。そうえいば、マーサは速人狙いでしたから、今回の速人&理子の隠し事事件を聞いてどういう反応をするのでしょうか。ちょっと怖そうですが(笑)それも楽しみですね。

ではさっそく、新テラスハウス第44話の感想(ネタバレあり)行ってみましょう♪

新テラスハウス第44話の感想(ネタバレ注意!)

※ここからは、『TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY』の「シーズン1:Part2:エピソード44」のネタバレを含みます。ご注意下さい。

新テラスハウス第44話(ネタバレ)の最初は、先週のキッチンでの会議の途中からです。まずは理子が口を開きます。「どうしてもテラスハウス=テレビっていうのを意識してしまって、”仕事”って考えてしまっていた」と。それに対して勇気やアーマンが「だったら100%バレないようにしないと、こっちはガチでやってるんだから。俺達のアドバイスとかバカバカしすぎるよね」と反論します。「お互い気持ちはあるけど、でも芸能の仕事があるからこっそりやろうってのが一番大きいの?」と美咲が質問します。それに対して、理子としては「それもあるし、どうしても見られることとか、人の目が気になってた」と話していました。そして次に速人が口を開きます。「(理子の)芸能の事に気を使っていた。今、付き合うべきじゃないなって思ってたし。でも好きだからしちゃった…」この煮え切らない速人の答えに対して美咲が「でも、好き同士じゃないの?」と核心に迫る質問をします。理子は「好きだよ…。だけどまだ全然相手のことを100%信用してなくて…」と。どうやら速人と理子は、二人の気持ちを確かめ合うこと無く、陰でコソコソする関係を続けていたようです。私は美咲が言うように、てっきり付き合っていて、単純にそれを隠していただけかと思っていましたが、そうではなかったようですね…。

そのような中途半端な事実を聞いて、美咲からは「確かめ合って無くてよくチューできたね」と、勇気からは「二人の話を聞いてるとこのままだと二人は、家に帰ったらイチャイチャ出来る、ただの都合のいい関係じゃん」と鋭いツッコミが飛びます。それに対して理子は「本当にそんなつもりは全くなかった」と辛そうにしていました。そこで速人が「でも、二人の時も言ってたけど、『わからない』って…。」と助け舟のような他人事のような事を言います。それに対して勇気が「なのであれば、なおさら速人くんはチューすべきではなかったし、それを考えてあげるべきだったと思う。むしろ理子はチューされて困惑して、グジャグジャになってる可能性もあるし」と言っていました。とにかく速人と理子はもう一度二人の気持ちをよく話し合う必要があるね、という結論になり、理子と速人をキッチンに残し、三人は席を外しました。ちなみに、マーサは鹿児島に出張していて不在です。

ここまでを見て、私の感想としては、理子ばっかりがみんなに責められていて、速人はちょっと斜に構えている感じが非常に嫌でした。後で分かるのですが、最初にチューしたのは速人からだったのですから、このような事件になったのも29歳である男に全責任があると思いました。

速人と理子は何を語る?

その後、キッチンで二人きりになった速人と理子。速人が「理子、ごめんね。俺は理子の芸能の為に付き合わないほうがいいって言ったけど、どうしたい?」とまたまた理子に投げます。理子は「好きでも今は付き合わないほうがいいのか、好きなら付き合っちゃえばいいのか、どうなのかな…とか」とまだ悩んでいるようです。「好きだけど、理子の為を思ったら、今付き合うべきじゃないのかなっていうのがオレの今の考え。理子が『好きだけど付き合わないほうがいい』って言うんならそれでいいし。」と速人。「俺らは、チューしちゃったりとか夜二人で喋ってたりとかしてたから、ケジメがなかったんだと思う。そういう中途半端なことしないで、『今は付き合わない』ってことになって、それをみんなに言って、ちょっと気持ちが動いたりとかしたら、その時正直にみんなに話せばいいんじゃない。それでいい?」そう言って、速人は一人理子を残して部屋に戻って行きました。残された理子は、納得のいかない表情を浮かべていました。

スタジオメンバーは速人の対応に激怒

第44話はスタジオメンバーの反応もご紹介したいと思います。いつもほとんどしゃべらない健太郎くんが速人はとにかく理子ちゃんに委ね過ぎだと感じたらしく「29歳ですよね。一番無いなってのが、全員で話してたじゃないですか。何にもしゃべんないで全部理子ちゃんに喋らせてるとことか。」と珍しく怒っていました。

44-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

スタジオメンバーの総意としては、万が一、理子ちゃんのほうからチューしたり積極的に行っていたとしても、今回のようなことになった責任はすべて速人が被って欲しかった、というような話をしていました。ついには馬場園梓さんが「山里より器ちっちゃいよね」とすごい事を言ってました(笑)。それに対して山ちゃんも「おまえミクロの世界だぞ!」と言って笑いをとっていました。YOUさんも「自分が先に席立つとかほんと殴りたい」と半分冗談ぽく言ったり。私もそれは無いなと思いましたが、「みんなを呼びに行ったんじゃないの?こうしますって」とトリンドルちゃんとかも言ってたので、そういうことかもしれませんね。でもそのシーンは放送されていませんでした。

とにかく、10歳位年上の速人が18歳の理子ちゃんに何でも委ね過ぎという印象はありますね。というか、私は理子ちゃんに言いたい!「そんな男なんか、やめちゃいな!」て。理子ちゃんはまだ恋愛経験も少ないですし、そもそも社会に出て間もないですからわからないと思いますが、そんな煮え切らない男は絶対に辞めたほうがいいですよ。今頃、理子ちゃんママから電話かかってると思いますが(笑)。

マーサが帰ってきた!どうなる!?

さてさて、速人狙いだったのに諦めたマーサは、今回の事件を聞いてどういう反応を示すのでしょうか。いよいよ鹿児島からマーサが帰ってきました。リビングに勇気&美咲とマーサが喋ってるところに、やつれた理子ちゃんが帰ってきます。ちょっと風邪を引いたらしく、「大丈夫?」と声をかけるみんな。でもすぐにシーンとなってしまい、マーサも「なになに?どうしたのみんな」と変な空気に気づきます。そして何かを察した勇気と美咲が席を外し、理子とマーサを二人にします。そして理子がマーサに打ち明けます。ここは会話の文字おこしでお楽しみ下さい。

理 子「速人くんとの関係が進んじゃってて…。」
マーサ「どういうこと?どういうこと?どういうこと?どういうこと?」
理 子「どこまで進んでるかって言うと…、チューまでした…」
マーサ「マジで!?速人くんは、どういう気持でチューしてんの?」
理 子「速人くんもうそついてる…」
マーサ「マジで!?すごいショック…私が悩んでたあの時間って…、人の事を気にしながら動いてたあの時間ってなんだったんだろうなって、すごい思う」
理 子「ごめんね。マーサにもすごい失礼なことしてたと思うし…。考えても考えても余計分かんなくなっちゃって、そのことで頭がいっぱいで、寝れないし…。”人生終わった”って思ったし…。速人くんは『好きだけど、理子の仕事の事を考えたら付き合わないほうがいい』って言ってて。どこか納得できなくて…。それって全然男らしくないし、逃げられてるのかな?とか思っちゃったりして…。」
マーサ「理由になってないよ。やることやっといて、理子が『好き』って言ったら、仕事の為にとかさ、別にそれ理子が決めることじゃん。」

理子は、とにかくもう一度ちゃんと考えて、速人ともう一回話し合ってみるとマーサに伝えていました。今回の会話の中で一つ明らかになったことがあります。それは、理子ちゃんが「好き」って言ったのは昨日が初めてで、そして速人からはずっと好きって言われていたようです。ということは、理子の煮え切らない態度に速人もしびれを切らして冷めてきた…という可能性もあったのかもしれませんね。

マーサからキツイ一言が速人に

朝、一人で朝食をとるマーサのところに速人が現れ、今回の事を謝ります。

速 人「マーサにもちゃんと謝りたくて」
マーサ「遅くね!?てかさ、裏でそういうことしてたじゃん。どっちから誘ったの?」
速 人「まあ、オレだね…」
マーサ「理子に対して、どう思ってんの?」
速 人「理子にはほんと、悪いと思ってる」
マーサ「え?なんで?好きなんじゃないの?理子の仕事がどうたらこうたらって言ってる位なんだったら、手出すべきじゃないと思うし、それが理由なんだったら私は納得出来ないから!その感じはさ、逃げてるだけじゃん。」

そして、朝食を食べ終わったマーサは、去り際に一言「理子と話せよ、ちゃんと」と言い放って、キッチンを出て行きました。

44-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

ま、そりゃ怒るのも当然ですよね。テラスハウスのカメラが回ってなかったら、もっと修羅場になってたのではないでしょうか(笑)

速人と理子の話し合い

とある日の夜、理子が男子部屋に一人いる速人の元を訪れます。まずは、理子が今の思いを速人に話します。理子としては、速人が年上で頼りになる感じとか、みんなといる時でも自分を特別扱いしてくれるところとかが好きだったようで、付き合ってもいいと思ってたそうです。だけど、『理子の仕事があるから付き合わないほうがいい』と言われて、逃げられてるのかな?と思ったり、みんなに問いただされた時も、私だけ喋ってて、何も喋らないところとか男らしくないと感じたようです。別に守ってほしいとかじゃくて、黙ってることに対してショックだったと。そういうのを見て、不安になって今どうしていいかわからなくなった。そして、これから速人くんがどうしたいかとか考えて欲しいと伝えていました。

それに対して速人は、まず、みんなと話した時守れなくて申し訳なかったとまず謝ります。そして、今思っている本当の気持ちとしては、「今すぐ付き合うとか、付き合わないとかじゃなくて、お互いやるべきことをやったほうがいいと思う。理子は芸能の仕事、俺は料理。最優先すべきことがあるんじゃないかなって。その時は楽しかったし、軽率な行動をとってしまったことは、理子に申し訳なかったと思ってる。冷静になって改めて考えた時に、今どうこうするっていうのは、お互いにとって違うんじゃないかなって思うんだよね」と語っていました。

それに対して、理子はちょっと呆れた感じの表情を見せて「その程度の気持なんだ…。考えてくれてたようで、全然分かってくれてないなって思うし…」と言います。まだ仕事に逃げてるじゃんと理子が言うと速人は「俺は理子が一番に来なかった。理子にとっても俺が一番じゃないと思うんだよね。」と反論。理子は「一番とか二番とかない。仕事は仕事で自分のやるべきことはやろうと思ってたし。前に、あれだけ好きって言ってくれたのに、順位つけられて…」と。それに対して速人は「好きだったし、好きだっていう気持ちはあるけど、好きだから付き合うとか一緒にいるとか、そんな簡単な話じゃないと思うんだよね」と、ちょっと意味不明なことを言い出します。理子は、「すごく悲しい。全然納得出来ない。」と呆れてしまい、「もう行く、バイバイ」といって一方的に部屋を出て行ったのでした。

これに対してスタジオメンバーも「サイテー」の一言。健太郎くんまでも「好きじゃなかったんですよ」と言う始末です。チューしといて軽率だったはないですよね(怒)。でももしかしたら理子のガードが硬すぎたのかも…という気もしないでもないです。

アーマンがマーサにマジ告白!

話はガラッと変わります。アーマンとマーサが今週もデートです。まず向かったのは鎌倉や由比ヶ浜。夏真っ盛りのビーチを二人で歩いたり、食事を楽しんだりします。マーサは超自然体で、アーマンは若干気を張ってるかなっていう感じのデートです。そんな中、アーマンが「9月にハワイに帰ろうと思ってる」とマーサに打ち明けます。それを聞いて急に表情が曇るマーサ…。アーマンがハワイに戻ったら二人の関係はどうなってしまうのでしょうか…。その後、天王州アイルに移動した二人。船に乗って東京湾をクルージングします。夕日をバックにデッキにいるのは二人っきりといい雰囲気に。え?もしかして告白あるんじゃない!?と思ったその時、アーマンが「もうちょっと、暗くなって綺麗になったら言おうと思ってたけど…」と改まって話し出します。

44-%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

「最近一緒にいる時間も多くて、すごく楽しくて。友達みたいな関係だけど、出来ればそれ以上の関係に行きたい。一緒にいるのがすごい楽しいから、もしよければ付き合って下さい」とアーマンが告白します。それに対してマーサは「今?今言う?(笑)」とちょっと驚いたようです。ただ、マーサとしてはアーマンの事は好きだけど、ハワイに帰るっていうのが一番引っかかると答えていました。しかし、アーマンのマーサに対する想いは半端じゃありません。向こうでやらないといけないこともあるから、数ヶ月行ったらまた戻ってこれるし、でも、もし付き合って帰れないってなったらハワイには帰らない。ずっと日本にいるつもりでいると、マーサへの愛が本気であることを伝えていました。

新テラスハウス第44話を見終わっての感想

テラスハウス第44話(ネタバレ)は如何だったでしょうか?とりあえず、速人と理子の関係を整理してみましょう。

・速人と理子がこの事を裏でコソコソやっていたのは理子の芸能の仕事に影響を気にしてのことだった
・速人は既に理子に好きという気持ちを何度も伝えていた
・チューをしたのも速人から
・理子が速人に好きという気持ちを伝えたのは今回が初めて
・ようやく理子が付き合ってもいいと思った矢先に、速人は仕事を理由に断る

事実だけを見てみると、最終的には理子が速人に振られちゃった感じになってますね…。おそらく速人が本当に理子のことが好きなら仕事を理由に断ったりしないと思いますし。なのでスタジオメンバーの方々が「速人はなんちゅう奴や!」と怒るのも分かりますし、私もそう思います。ただ、それだけでは面白く無いので、私は”速人が超いい人だったら”という仮説を立てて、今回の事件を見てみました。

速人は本当に理子のことが好き。だから今すぐにでも付き合いたい。でも陰でコソコソやっていたのがバレて、理子のイメージに傷を付けてしまった。だったら俺がヒール役になって、表向きは(テラスハウスの期間中は)付き合っていないことにして、徹底的に俺を叩いてもらうことで少しでも理子のイメージアップを図りたい。

そう思っての行動だったら速人くん、カッコイイですよね(笑)。とりあえず、テラスハウスもそろそろ終わり?みたいなことをアーマンも言っていました。ネットフリックスの放送予定も残り2回となっています。来週も速人&理子から目が離せませんね。あと、アーマン&マーサはもう大丈夫ですよね♪

以上で、新テラスハウスの第44話目の感想(ネタバレあり)を終わります。次回の放送は、9月20日(火)の配信です。お楽しみに♪

あいのりネタバレブログやってま〜す♪
→【あいのりネタバレブログ】←

見逃したテラスハウス視聴が7日間無料!
今だけ!888円コースが初月無料のキャンペーン中!
フジテレビ公式動画配信サービス【フジテレビオンデマンド】
スポンサードリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)